「 コラム記事 」 一覧

株式投資は、臆病者が勝つ

株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避けながら取引ができるか こ …

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。 投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーです。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 経済 …

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

誤解を恐れずに言います。 なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。 一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で …

家計の余裕資産を使って、安全に短期投資する方法

我が家の家計は、夫である僕が管理しています。 妻からは「好きなように管理してもらっていいよ。」とお墨付きをもらっているので、貯金の一部を株式投資で積極的に運用しています。 もちろん、僕が個人でやってい …

迷ったら動かないこと

投資で大事なのは、とにかく判断に迷ったら動かないことです。 「そろそろ株価が上がりそうなので、いまのうちに買っておこうかな。それともやっぱりやめておこうかな。」 「このまま株を保有しておいてよいだろう …

失敗談「共立メンテナンス、狼狽売り」

株式投資をはじめて間もない2010年の話です。 「共立メンテナンス(9616)」に投資しました。 共立メンテナンスが経営しているビジネスホテルの「ドーミーイン」にたまたま泊まった時、そのサービスに感動 …

バフェット曰く「難しい問題を解決するのではなく、回避する」

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳)のなかで、もっとも感銘を受けたのが、次の一節です。(この本の、いちばん最後の一節です。) …

生まれてはじめて空売りしてみました

2017年の年初にかかげていた目標「今年は信用売りに挑戦する」を、昨日ようやく達成できました。取引を終えての感想をレポートします。 取引内容 2017/05/09 信用新規売:カッパ・クリエイト(10 …

株式投資が副業に最適な理由

株式投資は副業として最適です。 理由は次の3つです。 ①副業に時間を取られることがない 本業のほかに副業を行う場合、基本的には休みの日の時間をけずって行うことになります。たとえば代表的な副業の治験、ア …

テレビCMのおもしろい国へ投資したい

  SBI証券では、外国株式に投資する場合、9ヶ国の中から投資先を選ぶことができます。 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの9ヶ国です。 もし投 …

SBI証券のサイトで信用取引を学ぶ

信用取引売り(空売り)の初体験に向けて、只今準備中です。 空売りするとしたら信用建余力が多いほうが有利なので、投資資金の70%を入金しているSBI証券で取引しようと考えています。 SBI証券のサイトに …

「突然のにわか雨」=「突然の株価急落」

きのう4月21日金曜日の、朝8時頃のできごとです。 通勤ラッシュのピークを迎える時間帯に、大阪市内では突然のにわか雨に見舞われました。 僕は通勤中だったのですが、会社最寄りの市営地下鉄駅を出ると、ちょ …

信用売りの取引ルール、どう決めようか?

まだやったことのない「信用売り」の取引について、自分なりのルールを検討中です。 とくに信用売りのリスクをどうやって回避していくかを決めておく必要がります。 信用売りには、次のリスクが考えらます。 株価 …

信用売りで取り扱う銘柄、どう選ぼうか?

元旦に、「今年は信用売りにチャレンジするぞ!」と宣言しましたが(過去ブログはこちら)、実はまだ達成できていません。 いざ取引しようとしても、なんとなくコワくて尻込みしてしまいます。「信用売りした銘柄が …

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性的な絵が大好き …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up