その他 スナップ写真

スナップ写真「東京ひとり旅(2018年10月)」戸越・武蔵小山・高円寺

投稿日:


(高円寺 純情商店街)

2018年10月、「東京ひとり旅」の続きです。

前回までのスナップ写真はこちら↓
過去ブログ:スナップ写真「東京ひとり旅(2018年10月)」谷中・上野・新橋

 icon-arrow-down 東京ひとり旅、2日目の朝です。「ドーミーイン PREMIUM 東京小伝馬町」の最上階にある露天風呂とサウナで汗を流したあと、食堂で朝食ビュッフェを楽しみました。

メニューの8割は、他のドーミーインと同じでした。独自メニューと思われるのが、写真の手前にある飲み物「安納芋スムージー」と、中央の「肉豆腐」です。どちらも美味でした。とくに肉豆腐は、おでんに使われる牛スジがたっぷり入っていて、お得感満載でした。

お腹いっぱい、ごちそうさまでした。

 icon-arrow-down さて、ホテルをチェックアウトして、2日目の東京観光スタートです。まずは人形町から都営浅草線に乗り、戸越駅で降りて戸越銀座商店街に行きました。

 icon-arrow-down 戸越銀座商店街のマスコットキャラクター「戸越銀次郎」。ネコだそうです

 icon-arrow-down 午前中なので、まだ人は歩いていませんでした。よくグルメレポートの番組でよく見る商店街だけあって、下町風情のあるお店が多かったです。すこし路地裏に入ると、住人の方のリアルな生活を感じることができて、楽しかったです。

 icon-arrow-down 戸越銀座商店街を抜け、そのまま歩いて武蔵小山商店街パルムへ行きました。

 icon-arrow-down 武蔵小山商店街は、全長800mのものすごく長いアーケード商店街で、かなりの活気でした。天井からマスコットキャラクター「パル」くんの風船がぶらさがっていますね。

 icon-arrow-down 武蔵小山商店街のブックオフで買った古雑誌「ぴあMOOK 東京老舗名店」です。

 icon-arrow-down 元々950円(税込)なので、約半額で買えました。

 icon-arrow-down 戸越銀座と武蔵小山に行けてかなり満足しましたが、こうなったらもっと東京の商店街をめぐってやろうと思って、いろいろ迷いましたが高円寺の商店街に行くことにしました。

武蔵小山駅から目黒線で目黒駅へ行き、そこからJRで新宿へ、新宿から丸ノ内線で新高円寺駅に行きました。東京都内の移動は、いろんなルートで行けるし安くて便利ですね。

ちょうど「高円寺フェス2018」という催しをやっていて、ミュージシャンやお笑い芸人が商店街の至る所でパフォーマンスをしていました。

icon-arrow-down丸の内線「新高円寺駅」からJR中央本線の「高円寺駅」まで歩きます。

途中、業務スーパー前で「学校法人立志舎」による応援団・チアリーダーとブラスバンドによるパフォーマンスが行われていました。中学生でしょうか。初々しかったです。

 icon-arrow-down 高円寺純情商店街を歩きます。東京の商店街は、若い人が趣向をこらした店を出していて、刺激的で活気がありました。

 icon-arrow-down 路地裏を歩いても、こんな雰囲気あるお店がたくさん軒を連ねていました。

 icon-arrow-down 東京の商店街、大満足でした。JR高円寺駅から新宿に行き、そこから渋谷へ向かいました。

ひとり旅は続きます・・・。



関連記事

スポーツくじ「100円BIG」を1年間買いつづけた結果

昨年2017年5月から、ずっと100円BIGを買い続けています。 100円ビッグとは(スポーツくじ公式サイトより) 指定されたサッカーの各試合の90分間での試合結果をコンピュータがランダムに選択するく …

この番組が面白い「家、ついて行ってイイですか? 」(テレビ東京)6〔2017/8/9〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 8月9日(水)の放送分もなかなかの面白さでした! テレビ東京「家、ついて行ってイイですか? 」番組公式サイトはこちら …

サッカー日本代表の応援歌、なぜ日本語で歌わないの!?

日本代表の応援歌、なぜ外国語で歌うの!? 1993年にJリーグが開幕した頃から、サッカー日本代表の大ファンです! 日本代表の国際Aマッチはほぼ全て観てきました。「ドーハの悲劇」「ジョホールバルの歓喜」 …

この番組が面白い「家、ついて行ってイイですか? 」(テレビ東京)27〔2018/4/4〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 4月4日(水)の放送分は、サラリーマンの僕にとって知らない世界ばかりで新鮮でした。 養護学校の教師の方 フリーランスの …

「三浦知良、50歳 まだやるよ。」続けることが大切

「三浦知良、50歳 まだやるよ。」という電車の中吊り広告に誘われて、本屋で買いました。 スポーツ雑誌「Number」の922号。 僕の尊敬するスポーツ選手のひとり、プロサッカーのカズこと三浦知良選手の …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up