投資を考える SBI証券 証券会社を選ぶ

SBI証券の「SBBO-X」サービスに申し込みました

投稿日:

いつものようにSBI証券サイトにログインしたら、重要なお知らせ欄に「国内株式『SBBO-X』サービスご利用権獲得について」とあったので読んでみました。

「国内株式『SBBO-X』サービスご利用権獲得について」

平素はSBI証券をご利用いただき厚く御礼申し上げます。
このたび、お客さまは、「SBBO-X」サービスのご利用権を獲得されました。「SBBO-X」サービスは、一定のご利用条件を満たされたお客さまにご利用いただけるサービスです。当該サービスのご利用には以下「利用申込」ボタン押下後のページよりお申し込みが必要となります。(続く)

↑ 「SBBO-X」というサービスの存在自体を知らなかったので、ひとまずSBBO-Xの概要ページを読んでみました。

「SBBO-Xサービスの概要」

「SBBO-X」(SBI Best Bid Offer)とは、国内株式現物取引における「SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文」で発注された当社のお客さまの注文と、機関投資家の注文について、SBIプライム証券の提供するシステムによりマッチングを行い、取引所の立会外市場(ToSTNeT)で約定させる取引(いわゆる「ダークプール」)です。

↑ ウーン、むずかしい用語がたくさん出てきてよく理解できなかったので、さらにサービスの特徴ページを読んでみました。

「SBBO-Xサービスの特徴」

【ポイント1】より有利な条件で!

取引所の最良気配よりも有利な値段で取引できるチャンス!

【ポイント2】手数料が安い!

取引所取引より約10%安い!(当社スタンダードプラン比較)

【ポイント3】手数料をより割安に!

ランクに応じて、一部大口のお客さまはSBBO-Xの手数料が無料に!

↑ なるほど、とにかく大口顧客は取引が有利に行えるということですね。

で、利用条件を読んでみました。

「SBBO-Xサービスのご利用条件」

月末時点の預り資産(現物株式、投資信託、現金残高(ハイブリッド預金含む))が1,000万円以上のお客さま、または、月末時点の預り資産(同上)が500万円以上で月末を含む月内に現物株式の取引が1回以上あるお客さま。

※円貨のみ
※貸株残高は対象外

↑ 現在、僕はSBI証券口座に「円貨資産を約530万円」、「ドル外貨資産を約200万円」持っているので、このうち円貨500万円以上が利用条件に当てはまりました。月1回以上は取引していますし。

さっそく「お客様情報設定・変更」画面の「お取引関連・口座情報」ページからの「国内株式 SBBO-Xサービス」利用申込を行いました

取引手数料がちょっとでも安くなるなら嬉しいですね。こういうメリットがあるなら、SBI証券になるべく多く入金しようかな、という気になります。

「SBBO-X」は、国内現物株式の売買代金等に応じてランクが4つあって、

ブロンズ

シルバー

ゴールド

プラチナ

とランクアップしていきます。プラチナランクだと、何と手数料無料!

目指せプラチナランク!

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券



関連記事

TV「カンブリア宮殿」藤野英人さんの言葉(2017年2月16日放送)

テレビ東京系列で、2月16日22時から放送された「カンブリア宮殿」にとても感銘を受けたので、ご紹介します。 テレビ東京「カンブリア宮殿」番組公式サイトはこちら 番組紹介文(番組サイトより引用) 【ゲス …

「鳥貴族『280円均一』の経営哲学」

おすすめ度:★ 大倉忠司 著 東洋経済新報社 鳥貴族(3193)の株に投資したい方なら、いちどは読んでおいてよい本です。 鳥貴族の公式WEBサイトはこちら 僕は楽天市場で、古本で買いました。698円。 …

「世界一やさしいオプション取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ 岩田 亮 著 ソーテック社 さまざまな投資商品のなかで、僕にとっていちばん理解できないのが先物・オプションです。 いちおうSBI証券には先物・オプション口座を開いているので、取引しよう …

ANA機内誌「翼の王国」

おすすめ度:★ 全日本空輸株式会社 編集・出版 ANAの飛行機に乗ったことがある方なら、必ず手に取ったことがある、座席の前ポケットに入っているアレ、あの雑誌です。ANAの月刊機内誌。 たまにANAの飛 …

「ダイヤモンド・ザイ」のサイトで個人投資家の投資手法を研究

お金の総合サイト「ダイヤモンド・ザイ オンライン」に、個人投資家の投資手法を紹介した記事の特集があったので、何か参考になればと思い、読んでみました。 個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖! そ …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up