投資を考える 会社四季報チェック 銘柄ウォッチ

会社四季報チェック(2018年3集)2

投稿日:2018年6月27日 更新日:

2018年6月15日に「四季報 2018年3集 夏号」が発売されましたね。

では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。

【チェック銘柄】
  • コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2579)※保有中
  • セブン銀行(8410)※保有中(信用取引)
  • オリックス(8591)※保有中

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2579)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【最高益】EJ通期寄与。収益柱の自販機が競争激しく苦戦。コーヒーは新製品投入で横ばいやっと。ただコンビニ等で緑茶、炭酸が数量堅調。物流や調達の効率化で原材料高、償却費増をこなし営業増益。増配。

【初参入】当社初のチューハイ『檸檬堂』を5月から九州限定でテスト販売、全国展開も視野。無糖炭酸やPETボトルコーヒーなど成長市場に投入の新製品を積極拡販。

株主優待品(権利確定月は12月、コカ・コーラ社製品詰め合わせ)が魅力的なので、買い直した銘柄です。

コカ・コーラWESTとコカ・コーラEASTの合併で、物流や調達が効率化し、営業増益となっており、経営は順調ですね。

コカ・コーラ初のアルコール飲料販売も動向が気になります。チューハイの「檸檬堂」。ネーミングや缶のデザインは美味しそうな感じですが、味のほうはどうなんでしょうか。まだ九州地区限定販売ですが、全国展開されたら飲んでみたいです。

株価は予想PERが30%と高く、すこし割高感はあります。

セブン銀行(8410)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【最高益】手数料単価、平均利用件数弱含むが、国内ATM台数は3・9%増の2万5350台に。米国は利用件数が徐々に回復、赤字幅縮小。ソフトウェアなど償却負担を吸収。経常連続増益。配当性向4割メド。

【新ニーズ】1月立ち上げの現金受け取りサービス新社は、クラウドワーカー報酬やシェアリングサービス向け送金など新たなニーズ発掘。米国の黒字化は19年度を計画。

割安と思い6月13日に1000株信用買しましたが、いまだ株価低迷中です。経営は堅調なので、近いうちに株価反発するでしょう(してほしい)。

新サービスの「現金受取サービス」とは、「企業」から「個人」への送金を、セブン銀行ATMとセブン‐イレブンのレジなどで24時間365日受取ることができるサービスです。セブン・ペイメントサービスという会社が運営しています。

購入済み各種チケットの返金、クラウドソーシングの賃金受取、オークション・フリマサイトの売買代金の受取などが、口座情報をやり取りすることなく簡単に行えるサービスとなっています。

なるほど、これは便利ですね。流行ると思います。

オリックス(8591)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【最高益】自動車はリース堅調ながら中古車売却益出にくい。だが、保険販売やメガソーラー収入が増勢。海外も航空機、船舶順調。米国不動産ローン組成会社フル貢献。最高純益続く。配当性向27%で連続増配公算。

【空港運営】関西国際、大阪国際に続いて神戸空港も開始。空港アクセス改善や設備投資最適化など一体運営目指す。個人信用情報扱う中国のフィンテック企業に投資。

株主優待がかなり魅力的なので、最近購入した銘柄です。

株価は2018年6月現在1700円台で、単元株は100なので、17万円くらいで買い付けることができます。

権利付確定月は3月と9月、株主カードが送られてきて、それを提示すれば各種優待サービスを受けられます。

  • ホテル・旅館の割引
  • ふく料理「春帆楼」ドリンク1杯無料
  • オリックス・バファローズ試合チケットを優待価格で購入
  • 京都水族館、すみだ水族館、新江ノ島水族館の入場料金10%OFF
  • その他レンタカー、カーシェアリングの割引など

また3月には「ふるさと優待」というカタログギフトを利用できます。

配当金も3.5%以上なので、100株持っておいて損はない銘柄といえます。



関連記事

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性的な絵が大好き …

あたりまえのことを見失わない

株式投資に没頭していると、自分では気づかないうちに冷静さを失っていることがありますね。 「想像を超えた事件や事故による株価の上げ下げ」「アナリストによる市場予測」「不安をあおるニュース」などにうろたえ …

米国株投資なら「マネックス証券」

  米国株中心の投資なら、オススメは「マネックス(MONEX)証券」です。 米国株・米国ETFの取扱銘柄数が他を圧倒して多いからです。 マネックス証券をこれまで利用してきた感想をまとめました …

「ロシアで農業を始めよ」(ジム・ロジャーズ氏インタビューより)

「日経ビジネス 徹底予測2017」に、著名投資家ジム・ロジャース氏のインタビュー記事が載っていました。タイトルは「ロシアで農業を始めよ」。 世界各地をバイクで旅行しながら投資先を見出している冒険投資家 …

株式投資は、後出しジャンケンで勝てます

よく「株は連想ゲームだ」と言われます。「大風吹けば桶屋が儲かる」の発想で、何か事件が起こったとき、需要が増えそうなものを連想し、それを提供する企業の株を先回りして買っておく、という発想です。 また、投 …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up