投資を考える 会社四季報チェック 銘柄ウォッチ

会社四季報チェック(2018年3集)

投稿日:2018年6月21日 更新日:

2018年6月15日に「四季報 2018年3集 夏号」が発売されましたね。

では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。

【チェック銘柄】
  • キユーピー(2809)※株式保有中
  • 鳥貴族(3193)※株式保有中
  • 江崎グリコ(2206)※株式保有中

キユーピー(2809)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【連続増益】柱の調味料は中国でマヨ競争激化、期初の野菜高騰受け国内でも出足鈍い。ただ卵加工品は国内で好採算品伸び、米国も鶏卵相場安定で順調。物流は値上げ効き採算改善。原料高こなし増益続く。増配。

【卵一貫】伊丹工場跡地に115億円かけ卵加工工場を新設、19年10月竣工で割卵から加工まで一貫生産し、物流など効率化。中国はドレにも注力し、採算向上図る。

順調です。

四季報の財務情報欄をみると、2019年まで売上高も利益も着実に伸びていく予想となっています。

最近キユーピーは、好採算の卵加工品に力を入れているようですね。

卵加工品とは、次のような商品です。(キユーピーのWEBサイトより)

  • キユーピーのたまご つぶしておいしいたまごのサラダ
  • キユーピーのたまご つぶしておいしいたまごとポテトサラダ
  • キユーピーのたまご つぶしておいしいたまごとマカロニサラダ
  • キユーピーのたまご とろ~り半熟たまご
  • 玉九 錦糸たまご
  • 玉九 うずら卵水煮
  • キユーピーのたまご ふわとろたまごのオムレツ
  • キユーピーのたまご ふわとろたまごのスクランブルエッグ

キューピーが得意とする調味料と卵をかけ合わせた商品が多いです。

コンビニやスーパーで見かけたことがあるような無いような商品です。

僕自身はキユーピーの卵加工品は買ったことがないので、今度試しに買ってみようと思います。

鳥貴族(3193)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【反 発】店舗純増直営80、FC23(前期各57、23)。既存店は客数減でも人員配置の見直しによる経費抑制効果発現。下期に客数回復見込む会社計画は過大ながら前号比増益幅拡大。19年7月期も積極出店継続。

【省人化】注文用タッチパネルは1店舗平均20万~30万円の人件費抑制効果。今後も導入継続。各店を巡回し調理や接客を指導するトレーナー制度を設け、既存店底上げ。

「値上げによって客足が減ったが、利益は増えた。」

という状況です。

個人的な感想ですが、最近の鳥貴族は他の居酒屋チェーン店と同じような雰囲気になってしまった感じがします。何がそう感じさせているのかは分かりませんが、280円均一から298円均一へ値上げしたことによる心理的な変化も考えられます。

「280円」よりも「298円」のほうが、300円をちょっとだけ値引きして「安く見せている」という印象になってしまうのかもしれません。

さて、僕の保有は500株で取得単価は3581円。鳥貴族の現在の株価は2641円です。含み損は-26.25%、金額にして-470,000円! かなり損していますが、ガマンガマンです。

江崎グリコ(2206)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【続 落】国内菓子は『GABA』など機能性チョコの好調が続く。冷菓は前期の取引先減影響一巡し上向く。海外は中国のECで菓子販売が伸びる。ただ販促費、海外統括会社の固定費重く連続営業減益。増配。

【新中計】20年度に売上高4000億円以上、営業利益300億円はやや過大感。利益目標達成には国内収益性改善が急務。18年度は注力製品絞り込み採算向上を狙う。

江崎グリコの事業は、何でここまで採算がわるくなったんでしょうか?

売上は順調に伸びているのですが、営業利益が伸びず、利益も足踏みです。

一体何に経費がかかっているのかがよく分かりません。

決算短信をみると「販売促進費及び広告宣伝費が増加した」とあるのですが、CMタレントのギャラが急騰したとは思えないですし、そんなに注目される販促キャンペーンを行っているわけでもないのに、なぜなのか? 分かりません。

そんなに販売促進費や広告費にお金をかけなくても、グリコの商品は順調に売れるんじゃないかと思うのは僕だけでしょうか。

株価は、5年間のチャートでみると、2015年からずっと5000円から6000円の間をさまよっているボックス相場です。

僕の保有は400株で取得単価は6000円。江崎グリコの現在の株価は5260円です。

含み損は-12.33%、金額にして-296,000円! もうちょっとガマンが必要です。

今後株価が5000円付近まで下がったとしたら、底値とみていいのかなと思います。

営業利益が伸びない原因が分かっていないのはチョット気になりますが・・・。



関連記事

ナンピンについて考える

ナンピン買い、していますか。 僕はナンピン買いばかりしています。 ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。 買っ …

【初心者向け】株式投資の始め方、失敗しないための5ステップ

これから株式投資をスタートされる方は、すこし回り道かもしれませんが、次の5ステップで始めることをおすすめします。 株の入門本を読む 証券会社に口座を開いて3万円入金する ためしに売買してみる 投資する …

「会社四季報 業界地図」

おすすめ度:★ 東洋経済新報社 会社四季報を出版している東洋経済が、毎年出している業界地図の本です。 図やグラフが豊富で、文字の情報量が多いのにけっこう読みやすく、雑誌感覚でペラペラめくりながら楽しめ …

米ドル投資は「個別銘柄」と「ETF」どちらがよいか検討

僕の投資ルールとして、全資産の20%を外貨で保有するようにしています。 なぜなら、円だけ持っているのはリスクが高いと考えるからです。もし将来日本の財政が破綻したとして、そのとき頼りになるのはやっぱり外 …

会社四季報チェック(2017年1集)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up