投資を考える 証券会社を選ぶ 証券会社全般

5つの証券会社の手数料を比較(2018年5月)

投稿日:

僕は5つの証券会社に口座を開いていますが、現在はそのうちSBI証券カブドットコム証券に入金して、株式投資をしています。

しばらく休眠口座になっているマネックス証券楽天証券GMOクリック証券を含めて、合計5つの証券会社の取引手数料を比較してみたいと思います。

予想では、手数料が高い順に、

カブドットコム証券>SBI証券=楽天証券=マネックス証券>GMOクリック証券

なのかなあと思っているのですが、最近は各証券会社の競争も激しくなっているので、2018年5月現在はどうなっているのか興味があります。

ということで、各証券会社のサイトで手数料を比較調査してみました。

最も約定する機会の多い「50万円までの約定代金」を基準に調査しました。

投資商品は、僕がふだん取引する

  • 国内現物取引
  • 国内信用取引
  • 米国現物株

の3種類を比較して、安い順に並べてました。

では、比較調査結果です。

各証券会社の取引手数料比較(国内現物取引)※50万円までの約定代金

  1. GMOクリック証券:241円
  2. SBI証券:250円
  3. 楽天証券:250円
  4. カブドットコム証券:250円
  5. マネックス証券:450円

各証券会社の取引手数料比較(国内信用取引)※50万円までの約定代金

  1. SBI証券:180円 
  2. 楽天証券:180円
  3. カブドットコム証券:180円
  4. GMOクリック証券:183円
  5. マネックス証券:190円

各証券会社の取引手数料比較(米国現物株)※安い順

SBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社が、まったく同じ手数料で同率1位でした。

3社とも、約定代金の0.45%(最低手数料:5ドル、上限手数料:20ドル)でした。

ちなみにカブドットコム証券、GMOクリック証券は、米国株の取扱無しです。

比較した結果の感想

こうやって比較してみると、最近の手数料はどこの証券会社も同じであることが分かりました。

手数料で差別化する時代ではなくなっているということです。

となると、手数料の安さ以外のサービスが、証券会社を選ぶ基準になります。

サイトの使い勝手のよさ、ネット銀行との連携のしやすさという観点からすると、個人的には「SBI証券」と「楽天証券」が一歩先を走ってるのかなという印象です。



関連記事

SBI証券で取り扱っている投資商品を調べた

SBI証券に口座をひらいて、かれこれ10年くらい経ちますが、さまざまな取扱商品のうち、僕が取引したことのあるのは次の商品です。 国内株式(現物、信用)・ETF 米国株式・ETF 投資信託 外国為替保証 …

カリスマ投資家「B・N・F」さんのこと

2005年12月8日のジェイコム株大量誤発注問題で、20億円稼いだ男として有名になったカリスマトレーダーのB・N・Fさん。 たった10分で20億を稼いだ、と当時ニュースになり、すごいなーと興奮しました …

「日経ビジネス 徹底予測2018」

おすすめ度:★★ 日経BP社 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 本屋に行って、2018年版を買ってきました。780円。 昨年よりもページ数が44ページ増えて、分厚 …

会社四季報チェック(2018年4集)3

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 日本取引所 …

逃げるは恥だが役に立つ投資とは

アーア、終わっちゃいましたね。 TBSの火曜22時からのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。 面白かったなー。全話観ました。 新垣結衣と星野源という絶妙のキャスティング 毎回いい意味で裏切られるストーリ …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up