投資を考える 証券会社を選ぶ 証券会社全般

5つの証券会社の手数料を比較(2018年5月)

投稿日:

僕は5つの証券会社に口座を開いていますが、現在はそのうちSBI証券カブドットコム証券に入金して、株式投資をしています。

しばらく休眠口座になっているマネックス証券楽天証券GMOクリック証券を含めて、合計5つの証券会社の取引手数料を比較してみたいと思います。

予想では、手数料が高い順に、

カブドットコム証券>SBI証券=楽天証券=マネックス証券>GMOクリック証券

なのかなあと思っているのですが、最近は各証券会社の競争も激しくなっているので、2018年5月現在はどうなっているのか興味があります。

ということで、各証券会社のサイトで手数料を比較調査してみました。

最も約定する機会の多い「50万円までの約定代金」を基準に調査しました。

投資商品は、僕がふだん取引する

  • 国内現物取引
  • 国内信用取引
  • 米国現物株

の3種類を比較して、安い順に並べてました。

では、比較調査結果です。

各証券会社の取引手数料比較(国内現物取引)※50万円までの約定代金

  1. GMOクリック証券:241円
  2. SBI証券:250円
  3. 楽天証券:250円
  4. カブドットコム証券:250円
  5. マネックス証券:450円

各証券会社の取引手数料比較(国内信用取引)※50万円までの約定代金

  1. SBI証券:180円 
  2. 楽天証券:180円
  3. カブドットコム証券:180円
  4. GMOクリック証券:183円
  5. マネックス証券:190円

各証券会社の取引手数料比較(米国現物株)※安い順

SBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社が、まったく同じ手数料で同率1位でした。

3社とも、約定代金の0.45%(最低手数料:5ドル、上限手数料:20ドル)でした。

ちなみにカブドットコム証券、GMOクリック証券は、米国株の取扱無しです。

比較した結果の感想

こうやって比較してみると、最近の手数料はどこの証券会社も同じであることが分かりました。

手数料で差別化する時代ではなくなっているということです。

となると、手数料の安さ以外のサービスが、証券会社を選ぶ基準になります。

サイトの使い勝手のよさ、ネット銀行との連携のしやすさという観点からすると、個人的には「SBI証券」と「楽天証券」が一歩先を走ってるのかなという印象です。



関連記事

金融商品のリスクとリターンを「交通手段」に例えて説明してみた

資産運用をスタートするとき、 目的地(資産目標額)と いつまでに目的地に到達したいか(運用期間)をしっかり決めて 最適な手段(金融商品)を選ぶ ことが重要になります。 今回、いろんな金融商品が持ってい …

新成人の皆さん、投資を始めよう!

2017年1月9日は成人の日でしたね。 新成人のみなさん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思うけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいこと …

株式投資の両建ては有効か? 検証してみた

僕はふだん「信用売り(空売り)」は行いません。 「買い」のみで取引するほうが頭の中がシンプルに整理されて、分かりやすいと思っているからです。 でも実は「両建て投資」というものにあこがれを持っていて、両 …

今年のNISA非課税枠120万円分をどう使う?

今年も残り3ヶ月となったところで、「2017年のNISA枠をまったく使ってない」ということに気づきました。 僕はSBI証券でNISA口座を開いていて、これまで毎年、利用枠いっぱい使っていたのですが、今 …

「ウォーレン・バフェット成功の名語録」

おすすめ度:★ PHPビジネス新書 ウォーレン・バフェットの名言を集めた本です。 「バフェット入門書」としておすすめします。 バフェットの「生涯(半生)」と「投資やビジネスに対する考え方」が、コンパク …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up