生活お役立ち情報 その他

誕生日プレゼントは「図書カード」が一番!

投稿日:2017年10月16日 更新日:

誕生日プレゼントでもらってうれしいもの、何ですか?

僕のような中年男性がもらってうれしいものといったら、次のようなものになるんじゃないでしょうか。

  • 手袋
  • マフラー
  • 扇子
  • 腕時計
  • 高級なボールペン
  • おしゃれ文房具
  • バッグ
  • ハンカチ
  • 財布
  • 名刺入れ
  • キーケース
  • ネクタイ
  • ハンカチ
  • お酒
  • 酒器
  • 酒のつまみ

いわゆる「仕事でつかう雑貨」関係か「お酒」関係になります。

でも、僕がいちばんもらってうれしいものはこの中にはなくて、ズバリ「図書カード」がいちばんうれしいです!

「なんだ、けっきょく金券じゃないか。」

「心がこもってないゾ。」

「そもそもペラッペラで味気ない。」

「まさか換金してないだろうな?」

なんて声も聞こえてきますが、だれが何と言おうと図書カードがいちばん嬉しいです。もちろん換金はしていません。

本好き、というのもありますが、もらってうれしい一番の理由は

「プレゼントの図書カードを持って行くことで、本屋がいつもとちがった風景に見える」

からです。

ふだん、本屋に行ってブラブラ書棚を見て回るとき、僕はこんなことを考えています。

「自分の大切なお金で買うんだから、ほんとうに自分にとって必要な本だけを買おう。それ以外は立ち読みで済まそう。」

一方、誕生日プレゼントでもらった「5000円分の図書カード」が財布に入っている状態で本屋に行ったら、ちょっと違うことを考えます。

「この書店の中から、ふだん買わないような面白そうな本を、5000円分チョイスして買ってみよう。」

5000円分、という予算が決まっていると、なんというか「5000円分めいっぱい楽しもう。」という気分になって、ふだん行かないような書棚コーナーに行ったり、ふだん絶対買わないような高価な本が目についたりするんです。

たとえば「3000円以上する写真集」とか「4000円近くする投資関連の本」とか「続き物の文庫本数冊」とか、ふだん手が出ないものも買いやすくなっている自分に気づきます。

こういうリッチな気分こそ、図書カードをくれた人からのプレゼントなんだと思うんです。

そして、ふだん買わない本を買ってみることで、自分の視野が広がる気がします。



関連記事

他人のためにお金をつかうと幸せになれる?

株式投資とはあまり関係のない話ですが、数年前の日経新聞で印象深かった記事をご紹介します。 2014年10月17日、日本経済新聞朝刊の『やさしいこころと経済学「他人の役に立ち幸福に」』(著者:慶応義塾大 …

職場で安く手軽に水分補給する手段

7月も中旬となり、いよいよ蒸し暑くなってきましたね。 大阪市内の公園ではセミが鳴き始めていて、もう夏本番といった感じです。 たくさん汗をかきやすいこの時期、熱中症や脱水症状を防ぐために、こまめな水分補 …

共働き夫婦のためのExcel家計簿

我が家は共働き夫婦なんですが、家計簿はどっちが管理しているかというと、夫である僕のほうが管理しています。 世間的には夫が財布の紐をにぎっていることはめずらしいようですが、僕ら夫婦のうちで、どちらがお金 …

ANA「翼の王国(2018年8月号)」のスクラップ

ANA(全日空)[9202](4桁数字は上場銘柄コード)の飛行機に乗ったとき、機内誌「翼の王国」(2018年8月号)を持ち帰ってきたので、デジタルスクラップします。 翼の王国は、写真や広告が豊富で、文 …

この番組が面白い「家、ついて行ってイイですか? 」(テレビ東京)34〔2018/6/13〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 6月13日(水)の放送分は、3人のかたが登場しました。 58歳男性の海運業船長 36歳男性のトラック運転手 21歳男性 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up