雑記メモ 投資を考える コラム記事

はじめて買った株は「極楽湯(2340)」

投稿日:2017年10月5日 更新日:

初体験、というのは忘れがたいものです。

  • はじめて海外旅行したときのこと
  • はじめて恋したときのこと
  • はじめて親元を離れて暮らしたときのこと

どれも鮮明に覚えています。

もちろん、はじめて株式投資した銘柄のことも忘れがたいものです。

僕がはじめて買った株は、

極楽湯(2340)

でした。

スーパー銭湯を全国展開する企業で、現在は「極楽湯ホールディングス(2340)」。

極楽湯の株を買ったのは、かれこれ9年前のことです。

「なぜ極楽湯の株を買ったか?」というと、

  • 取得単価が安かった(3万円程度)
  • 銭湯が好きだった
  • 住んでるところからそこそこ近い場所に極楽湯があった

というのが理由でした。

で、取引記録は下の表です。取引記録Excel管理表で、買付日の昇順で並びかえました。当時はこんな銘柄に投資していたんだ、と懐かしくなります。

はじめて投資した「極楽湯(2340)」の取引記録です。

  • 2008年6月24日:30,000円で100株買付
  • 2009年8月10日:26,000円で100株売却(-4000円

1年以上保有したあと、-4000円で損切りするという結果でした。損益率は-13.3%マイナスでした。

いまこの取引を眺めてみると、なんというか、当時は投資の何たるかを分かっていなかったなあ、と思います。はじめてなので当たり前なんですけどね。

損益率-13.3%で売ってしまうというのが、もったいないです。本当に事業の価値を信じて投資しているなら、ある程度大きく下がったところでナンピン買いするべきでした。

当時の記憶をたどってみると

「1年保有してもぜんぜん株価が上がってないし、このまま下がり続けるかもしれない。株主優待券ももらったことだし、4000円程度の損なら、いま売ってしまったほうがマシかも。」

という心境で売却を決めていました。

本当に、なんにも分かっていませんでした。でも、経験してみないと分からないんです、こればっかりは。

だからこそ、投資初心者の方におすすめしたいのは、

はじめての株式投資は、なるべく少ないお金で取引する

ということです。

いまから思えば、単元株未満で取引できる「ミニ株」で練習するのも良かったのかなと思います。多少手数料が割高になっても、です。

さて、その後の極楽湯ホールディングスの株価はというと、2016年に原油安や中国進出などで300円→1400円まで急騰しました。売らずに持っておけば4倍株だったんですね。



関連記事

投資とは、待つことである。

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。 僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。 もうちょっと買うのを …

失敗談「ちょっとだけ儲けてすぐ売ってやろう」がいちばんアブナイ

かれこれ10年ほど株式投資をやっています。 そのなかで「この取引は失敗だった」と思ったことが何回かありました。 次のようなケースです。 株で失敗したケース ①ナンピンが失敗して塩漬け 資金の大部分をひ …

銘柄ウォッチ「カワダ(未上場)」

カワダ WEBサイトはこちら 2017年4月1日、名古屋にレゴランド(LEGOLAND)がオープンしましたね。レゴブロックのテーマパーク。街全体がレゴブロック調になっていたり、日本の観光名所をレゴブロ …

株式投資の両建ては有効か? 検証してみた

僕はふだん「信用売り(空売り)」は行いません。 「買い」のみで取引するほうが頭の中がシンプルに整理されて、分かりやすいと思っているからです。 でも実は「両建て投資」というものにあこがれを持っていて、両 …

「損しないこと」が大切

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつ。 「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」 (原文)「Rule #1: …

2018/08/07:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/08/05:メニュー「運用成績」更新
2018/07/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up