投資を考える コラム記事 投資の心得

投資は一塁走者のように

投稿日:2017年8月11日 更新日:

負けない投資をしたいなら、野球の一塁走者の気持ちで投資しましょう。

一塁走者は、一塁ベースから離れて、リードをとります。

一塁への牽制球を警戒しつつ、二塁への盗塁を狙わなければなりません。どちらにも対応できるように重心を左右両足に同じようにかけておきます。

投資も一緒です。株価が下がったときの準備をしつつ、上がったときの準備もしつつ、どちらも想定しておくことが大事です。上がるか下がるか予想して、資金を1つの銘柄につぎ込むようなことはやってはいけません。

よく野球の解説を聞いていると、一塁走者が盗塁したとき「今のはギャンブルスタートでしたね」という言葉を聞きます。ギャンブル、つまりいちかばちかにかけてスタートを切るわけです。うまく盗塁やヒットエンドランが成功したら儲けもんですが、一塁への牽制球で刺されてアウトになってしまうリスクもあります。

かといって一塁ベースにベッタリ張り付いてもチャンスはなくなるので、難しいところです。

つかず離れず、ちょうど良い塩梅の投資スタンスを保つことです。

僕の場合、具体的には手持ちの資産での現金比率を20%から50%に保っておくことを心がけています。攻めのときは20%、守りのときは50%です。



関連記事

株式投資は人間力を育てます

自分でいうのも何ですけど、株式投資のおかげで人間的に成長できました。いわゆる「人間力」が増しました。 株式投資で人間力が上がるなんてあまり聞いたことないかもしれませんが、僕は本当にそう思っています。 …

失敗談「サーティーワンアイスの塩漬け」

株式投資をやってるなかで、一度にもっとも大きな損失を出した思い出ぶかーい銘柄。 それが、JASDAQに上場しているB-Rサーティワンアイスクリーム(2268)です。 含み損がかさみ、損切りして13万円 …

株式投資を何かにたとえると・・・

「株式投資とは〇〇のようなものだ。」と、なにかにたとえてみると、株取引がよりイメージしやすくなるんじゃないかと思い、あれこれ考えるのがけっこう楽しいです。 勝手な妄想なので、ご参考までに。  icon …

「世界一やさしいオプション取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ 岩田 亮 著 ソーテック社 さまざまな投資商品のなかで、僕にとっていちばん理解できないのが先物・オプションです。 いちおうSBI証券には先物・オプション口座を開いているので、取引しよう …

SBI証券が金・プラチナの取扱を開始

2017年7月3日(月)から、SBI証券が金・プラチナ取引を開始しましたね。 僕自身、コモディティ(商品)とよばれる金やプラチナに投資した経験がないので、よく仕組みを分かっていませんが、年会費や管理料 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up