投資を考える 銘柄ウォッチ 個別銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「日本取引所グループ(8697)」

投稿日:2017年8月3日 更新日:

日本取引所グループ WEBサイトはこちら

最近、日本取引所グループの株を100株買いました。優待券が目当てです。

買ったものの、あまりこの会社のことを知らなかったので、この機会に調べてみました。

(日本取引所グループWEBサイトより)

日本取引所グループとは

日本取引所(にっぽんとりひきじょ)グループは、東京証券取引所グループと大阪証券取引所が2013年1月に経営統合して誕生しました。市場利用者の皆様がいつでも安心して有価証券の取引ができるよう、子会社・関連会社を含めたグループ全体で、取引所金融商品市場の開設・運営に係る事業を行っています。
具体的には、株券等有価証券の売買、デリバティブ商品の取引を行うための市場施設の提供、相場の公表、売買等の公正性の確保に係る業務、有価証券債務引受業等を行う体制を整えています。グループ一丸となり、有価証券等の上場、売買、清算・決済から情報配信に至るまで総合的なサービス提供を行うことで、市場利用者の方々にとって、より安全で利便性の高い取引の場を提供できるよう努めています。

ビジネスモデル

日本取引所グループは、グループ全体で高い公正性・安全性・信頼性を備えた最適な取引の場を提供し、証券会社等の取引参加者、上場会社、情報ベンダーといった方々から市場を利用することに対する対価を得ています。具体的には、(1)取引関連収益、(2)清算関連収益、(3)上場関連収益、(4)情報関連収益などを収入源としています。

つまり市場の取引が増えると収益が増えるビジネス、ということです。

今後も取引量は増えていくと予想してますので、100株持ち続けることにします。

国内にライバル企業なしですが、世界に競合は数多いです。NYSEとNASDAQは別格として、上海・香港・深センの中国市場とは今後も激しく競い合っていくことになります。

「金融商品市場インフラの提供」という大きな役割を果たすとともに、市場への参加者をもっと増やすため、「一般の人向けにセミナーを開く」「投資を魅力的に紹介するサイトを充実させる」など、投資の普及活動にも力を入れてほしいです。



関連記事

信用売りで取り扱う銘柄、どう選ぼうか?

元旦に、「今年は信用売りにチャレンジするぞ!」と宣言しましたが(過去ブログはこちら)、実はまだ達成できていません。 いざ取引しようとしても、なんとなくコワくて尻込みしてしまいます。「信用売りした銘柄が …

今週はイベント目白押しだったけど、結局相場は動かなかっタカ!(2018年6月17日)

6月7日(木)から来週6月15日(金)にかけて、けっこうビッグイベントが目白押しだったんですが、終わってみるとほとんど相場は動きませんでした。 どのイベントも想定内の結果だったため、サプライズがなく、 …

ナンピンについて考える

ナンピン買い、していますか。 僕はナンピン買いばかりしています。 ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。 買っ …

投資は予想がはずれる前提でOK!

「ギャンブル」と「株式投資」との違いは何でしょうか? 「ギャンブル」は、予想が外れたらお金がゼロになる 「株式投資」は、予想が外れてもお金が一時的に減るだけで、ゼロにはならない ではないでしょうか。 …

TV「カンブリア宮殿」藤野英人さんの言葉(2017年2月16日放送)

テレビ東京系列で、2月16日22時から放送された「カンブリア宮殿」にとても感銘を受けたので、ご紹介します。 テレビ東京「カンブリア宮殿」番組公式サイトはこちら 番組紹介文(番組サイトより引用) 【ゲス …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up