投資を考える コラム記事 投資の心得

迷ったら動かないこと

投稿日:2017年6月21日 更新日:

投資で大事なのは、とにかく判断に迷ったら動かないことです。

  • 「そろそろ株価が上がりそうなので、いまのうちに買っておこうかな。それともやっぱりやめておこうかな。」
  • 「このまま株を保有しておいてよいだろうか。なんとなく下がりそうな気配なので、いったん手放したほうがよいだろうか。」

など、投資をしていると、なにかと迷いが生じます。すこしでも判断に迷うのなら、その時は何もせずに動かないほうが、結局は良い結果を生みます。

買うときでも売るときでも同じです。迷ったら下手に動かないことです。

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳)で、バフェットは「迷ったら動かない」ことの大切さを訴えています。いくつか抜粋します。

  • 迷うときは動かずにいよう。動いて経費を生じさせるよりも、いびきをかいて眠る習慣を身につけよう。
  • 賢い投資家はいびきをかいて寝ているときでも儲けることができる。売り買いが投資のすべてではない。
  • 動かないことが「賢明な動き」だとバフェットは言う。なにもしないことに拍手を送り、それが自分の投資哲学の基本だと言い切る。なにもしない?動かない?いったいどういうことなのだろう。投資とは追い越し車線に入ることではないのか?その答えは「ノー」だ。バフェットは「動きすぎ」を避ける。いったん適正な株を手に入れたら、動かないことが最善の策なのだ。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去記事はこちら

バフェットのいう「動かない」とは、いちど買った株は永久に保有する、という意味での「動かない」なので、いくぶん限定的ではありますが、「動かない」ことは投資全般に通じる考え方だと思います。

迷ったときは動かず、自分の中で確信がもてたときだけ動くことを続けていると、投資は上手くなります。動いた結果、予想に反して株価がわるい方向へ行ってしまったとしても、自分を信じて下した判断なので納得がいきます。そして反省したことは糧となり、次の投資判断でかならず生きてきます。

いちばんいけないのは、「なんとなく」「勘にまかせて」「思いつきで」「チョットだけ儲ければいいかなと思って気軽な気持ちで」投資してしまうことです。経験上、そういう気持ちのときはドカンと負けてしまいます。



関連記事

サラリーマンは昼休みに取引する

僕の本業はサラリーマンです。 株式投資は、趣味を兼ねた副業としてやっております。 サラリーマンの中でも、外回りの営業さんや会社役員の人なら、勤務中でもある程度自由に株の取引ができるんでしょうが、僕は内 …

「賢明なる投資家」

おすすめ度:★ パンローリング株式会社 ベンジャミン・グレアム著 株式投資の名著といわれるベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)の「賢明なる投資家」。 数年前に買って読みましたよ。3 …

鳥貴族、暴落する

ついに来ました。暴落。 6月9日(金)の第3四半期決算発表をうけ、6月12日(月)に鳥貴族株が暴落しました。 何もそこまで下がらなくても・・・というくらい大きく下げました。 前日(前週)終値が2782 …

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性的な絵が大好き …

株式投資のアイデアメモ(2018年5月)

新しい投資手法をあれやこれやと考えるのは楽しいものです。 様々な思惑で動く複雑怪奇な相場を、自分だけの色眼鏡をとおして眺めてみたら、特定の法則に基づいて規則的に株価が動いていることが分かり、「オッ!こ …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up