投資を考える コラム記事 投資の心得

バフェット曰く「難しい問題を解決するのではなく、回避する」

投稿日:2017年5月23日 更新日:

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳)のなかで、もっとも感銘を受けたのが、次の一節です。(この本の、いちばん最後の一節です。)

大事なのは、難しい問題を解決することではなく、回避することだとウォーレン・バフェットは言う。7フィートのハードルを飛び越す超人的な技を磨くのではなく、「1フィートのハードル」を見つけ出して、それを飛び越せばいいのだ。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去記事はこちら

つまり投資の極意とは

  • むずかしい問題は避け、かんたんな問題を見つけ出し、それを解決すること
  • だれでも飛び越えられる1フィート(約30cm)の小さなハードルを見つけ出して、それを飛び越すこと

であると言っています。

この一文を読んで、「なるほど、そうだったのか!」と目から鱗が落ちました。

「壁は高ければ高いほど、乗り越えたとき気持ちいい」

「より多くの壁にぶち当たってこそ強くなれる」

という精神論とは真逆のことを、バフェットは言っているのです。よく分からないことはやらず、むずかしいことには手を出さず、自分が得意なことだけやる・・・。

僕が思うに、投資の世界では、バフェットが言っていることのほうが真実だと思います。

では具体的にどのような投資をすればよいかというと、次のようになります。

  • 自分がよく理解していない投資商品には手を出さない
  • 自分がよく知らない業界の銘柄には手を出さない
  • いちかばちかのギャンブルはしない
  • 自分が確実に利益をあげられる「勝てる試合」だけに参加して、小さな勝ちを積み重ねていく
  • 常に勝てるようになったら、試合の数や規模を増やしていく

これこそが株式投資の極意です!



関連記事

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」。 本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」です。 予測した …

「損しないこと」が大切

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつ。 「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」 (原文)「Rule #1: …

低位株の投資銘柄をさがす

GMOクリック証券に資金の約1%を入金して、低位株投資することに決めました。 まず必要なのは、投資銘柄です。 独自の基準にしたがって、スクリーニングしていきます。 次の条件で絞り込んでいきます。 取得 …

米ドル投資は「個別銘柄」と「ETF」どちらがよいか検討

僕の投資ルールとして、全資産の20%を外貨で保有するようにしています。 なぜなら、円だけ持っているのはリスクが高いと考えるからです。もし将来日本の財政が破綻したとして、そのとき頼りになるのはやっぱり外 …

会社四季報チェック(2018年2集)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up