投資を考える コラム記事 雑記メモ

株式投資が副業に最適な理由

投稿日:2017年5月7日 更新日:

株式投資は副業として最適です。

理由は次の3つです。

副業に時間を取られることがない

本業のほかに副業を行う場合、基本的には休みの日の時間をけずって行うことになります。たとえば代表的な副業の治験、アンケートモニター、データ入力、交通量の調査員、WEBデザインなどはそれなりの拘束時間をともないます。

一方、株式投資は最初の基礎勉強にまとまった時間が必要ですが、経験を積みながら自分の投資スタイルを確立してしまえば、その後の拘束時間はほとんどありません。(相場に付きっきりのデイトレードは除く。)売買の判断さえ決まっていたら、取引自体は1回につき5分あればできてしまいます。あとはお金が勝手に働いてくれます。

②金融・経済の知識がつき本業にもプラスになる

株式投資をやっているだけで、国内外の主要ニュースに詳しくなります。詳しくならざるを得ない、といったほうがいいかもしれません。「主要人物の発言」や「突然の事件・事故」「企業の不祥事」などが、そのまま保有銘柄の株価に影響するからです。自然と政治・経済に詳しくなり、その知識は本業にもきっと役立つでしょう。

趣味としても楽しめる

株式投資は、お金を稼げるとともに、その行為自体が楽しいものです。自分の大切なお金を元手にして、銘柄を選び、取引手法を研究し、相場の状況を判断し、売買をしてリターンを得る。そういうひとつひとつのやり取りが、どんなゲームよりも面白いと個人的には思います。

他の副業には無い、株式投資のリスクを挙げるとすれば

  • 元手の資金が必要である
  • 資金が減ってしまうかもしれない

ですが、これはある程度準備してリスク管理していけばクリアできます。

勤めている会社がこの先どうなるかなんて分かりません。ある日突然会社が倒産するかもしれません。人員整理で解雇されるかもしれません。いまの健康が必ず保証されているとも限りません。病気や事故が起きてしまったら、まともに働けなくなるかもしれません。人生で起こるさまざまなリスクを考えたとき、副業を持っておくと心強いです。



関連記事

上場3400社のWebサイト 勝手にランキング!

投資する銘柄を選ぶときの、僕なりの基準なんですけど 「企業の自社Webサイトが、ユーザーにとって使いやすいかどうか?」 という観点で銘柄を選別しています。 なぜそうしているか?「ブランドは細部に宿る。 …

はじめて買った株は「極楽湯(2340)」

初体験、というのは忘れがたいものです。 はじめて海外旅行したときのこと はじめて恋したときのこと はじめて親元を離れて暮らしたときのこと どれも鮮明に覚えています。 もちろん、はじめて株式投資した銘柄 …

失敗談「オリンパス株大暴落で」

5年前の2011年に起きたオリンパス事件、おぼえていますか。 (Wikipediaより抜粋)オリンパスが巨額の損失を「飛ばし」という手法で、損益を10年以上の長期にわたって隠し続けた末に、負債を粉飾決 …

ナンピンについて考える

ナンピン買い、していますか。 僕はナンピン買いばかりしています。 ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。 買っ …

株式投資は人間力を育てます

自分でいうのも何ですけど、株式投資のおかげで人間的に成長できました。いわゆる「人間力」が増しました。 株式投資で人間力が上がるなんてあまり聞いたことないかもしれませんが、僕は本当にそう思っています。 …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up