投資を考える コラム記事 雑記メモ

「突然のにわか雨」=「突然の株価急落」

投稿日:2017年4月22日 更新日:

きのう4月21日金曜日の、朝8時頃のできごとです。

通勤ラッシュのピークを迎える時間帯に、大阪市内では突然のにわか雨に見舞われました。

僕は通勤中だったのですが、会社最寄りの市営地下鉄駅を出ると、ちょうど雨が道路を濡らしはじめたところでした。インターネットの天気予報では晴れだったので、完全に不意を突かれました。

僕は雨に濡れるのが極端にキライなので、通勤カバンに折り畳み傘を常備していて、慌てずにスッと傘をさして雨をしのぐことができたのですが、歩いている周りの人を見ていると、4割の人は傘をささず濡れたまま歩いていて、気の毒でした。

傘のない人は、突然の雨に「アチャー、やられた」と思い「きょうの天気予報は晴れだったのに。なんて日だ!」と苦々しい気持ちで雨に打たれたことでしょう。(中には少々の雨では傘をささないポリシーの人もいたかもしれませんが・・・。)

そんな情景を眺めながら、「もしこれが投資だったら・・・」と想像しました。

突然のにわか雨 = 突然の株価急落

折り畳み傘 = リスクへの備え

だとすれば、どんなに空が晴れていても、西の空に雲ひとつ無くても、テレビで気象予報士のお姉さんが降水確率0%の太鼓判を押していても、常に折り畳み傘は持っておくべきです。

折り畳み傘(リスクへの備え)は、投資スタイルによって異なります。

逆張り・損切り無し・中期投資の僕にとって「十分な買付余力の現金」が、すなわち折り畳み傘(リスクへの備え)です。

順張り・損切り有り・短期投資の人にとっては「損切りラインに逆指値の売り注文を入れておくこと」が、折り畳み傘(リスクへの備え)なのかもしれません。

いずれにしても突然のにわか雨に慌てないよう、心の準備だけはしておきたいですね。



関連記事

株価がさがったとき、どうするのが正解なのか?

保有している銘柄の株価が暴落したとき、人はいくつかの行動パターンをとります。  icon-asterisk その① 計画的でない損切り(いわゆる狼狽売り) 「ヤバい。下がってる。ほっといたらまだまだ下 …

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!

昨日の3月27日は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していたのですが、フタを開けてみると日経平均は200円以上戻して19,202円で終わりました。 …

投資は一塁走者のように

負けない投資をしたいなら、野球の一塁走者の気持ちで投資しましょう。 一塁走者は、一塁ベースから離れて、リードをとります。 一塁への牽制球を警戒しつつ、二塁への盗塁を狙わなければなりません。どちらにも対 …

「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」上級編

おすすめ度:★★ ダイヤモンド・ザイ編集部 「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」の上級者編です。 「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」の過去記事はこちら 上級者 …

失敗談「良品計画ナンピン地獄」

あなたはナンピン地獄を経験したことがありますか。 わたしはあります。 ナンピンとは:買ったあとに株価が下がった場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値を下げる手法のこと。 2011年10月5 …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up