取引記録 取引分析

自分の取引傾向を分析しよう[月別取引回数]

投稿日:2017年4月17日 更新日:

自分の取引を客観的に分析してみましょう。

過去の取引記録から、「自分は毎月どのくらいの回数を取引しているのか?」を集計してみて、今後の取引の参考にしたいと思います。

いつものExcelの取引記録を使います。

取引管理表を紹介した過去記事はこちら

まず、取引を管理しているExcelファイルを開き、「買付日」と「売却日」の横に集計用の列を挿入します。そして、まずは「買付日」列を、フィルター機能で降順に並べ替えます。追加した列の書式設定で、表示形式は「標準」にしておきましょう。

1ヶ月分の買付した日を「ひとつ、ふたつ」と地道に数えてもいいんですけど、ちょっとだけExcel関数を使って集計してみましょう。

2017年4月の取引回数を集計するとして、追加した列のところで、まずは「関数を挿入」ボタンをクリックします。

関数の「COUNT」を選択します。

買付日「2017/04/01」~「2017/04/30」の範囲のセルをドラッグすると、1ヶ月分が集計できました。

各月で集計していきます。

「売却日」も同様に集計していきます。

集計した数字を別シートに整理したら、こうなりました。

月に20回以上取引しているところは、なぜこんなに多いのかと調べてみたら、単元株の金額が低い銘柄をこまめに取引しているからでした。たとえば4万円で買える「セブン銀行」を10回取引していました。

全体的にみてみると、買付も売却も、月に5回程度取引しているのかなあ、といったところです。これが良いのかわるいのかは分かりませんが、自分の取引の傾向をつかむことはできました。



関連記事

ポートフォリオ(2017年11月17日)

銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 200 -9.09%  icon-square カルビー 200 -3.97%   キユーピー 500 -1.12%   鳥貴族 500 – …

約定記録(2017年3月30日):買付

● 買付 キユーピー(100): 買値 3233 取引理由 キユーピーは5月が権利確定月なので、それに向けて徐々に保有数を増やそうと思い、100株買いました。でも昼12時に買ったあとで、後場に相場全体 …

約定記録(2016年11月23日):売却/買付

● 売却 Amazon.com(10):損益 +3.5% 買値 763.65 売値 790.00 Starbucks(300):損益 +1.9% 買値 55.93 売値 57.02 ● 買付 S&am …

ポートフォリオ(2017年6月30日)

銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 100 -6.72%   キユーピー 500 -2.22%   鳥貴族 400 -2.40%   コカ・コーラBJ 100 -0.61%   …

約定記録(2018年5月10日):売却(信用返売)

売却 売:キユーピー〔2809〕(300株)※信用返売 損益%: +1.4% 損益額: 10,800円 買値 : 2602円 売値 : 2638円 取引理由 売:キユーピー〔2809〕(300株)※信 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up