投資を考える マネックス証券 証券会社を選ぶ

マネックス証券の便利なサービス3つ紹介

投稿日:2017年4月3日 更新日:

マネックス証券を利用していて、便利だなと思うサービスを3つご紹介します。

これらのサービスを利用するだけでも、口座を開く価値があると思いますよ。

 「米国株厳選銘柄レポートBOOK」

米国市場に上場している主要個別株50銘柄と、ETF約20銘柄の詳細なレポートPDFをダウンロードできます。年4回更新しています。内容は、日本の四季報とほぼ同じです。株価指標、財務指標、株価チャート、銘柄解説、業績推移、売上構成などが見られます。

おもしろいのは、「地域別売上構成」という項目があり、国別や大陸別の売上構成比が確認できるんです。さすがグローバル企業がひしめいている米国企業だけありますね。

50銘柄のうち半分は、だれもがよく知っている企業なので、見ていて楽しいです。ウォルトディズニー、マイクロソフト、マクドナルド、ツイッター、アップル、ジョンソンエンドジョンソンなどなど・・・マンモス企業が目白押しです。

米国株に投資したいと思っている方は、まずこれを眺めながら銘柄を物色してみるのも良いと思います。

 「時系列株価」

国内個別銘柄の情報は、どこの証券会社でも「株価の板」「指標」「ニュース」「チャート」「四季報」「株主優待情報」など情報が見れますが、マネックス証券はそれに加え、時系列株価情報が確認できます。

時系列情報とは、日足・週足・月足のスパンで、始値、高値、安値、終値、前日比、出来高を確認できます。期間中の最高値や最安値は色付けされているので、株価チャートとはまた違う見方で、相場の流れを確認できるのがメリットです。

Yahoo!がやっている「Yahoo!ファイナンス」にも同じ機能がありますが、色付けされていないので、こっちのほうが見やすいです。

ちなみにGMOクリック証券にも同じ時系列株価機能があります。

 「日本証券新聞の第一面」

日本証券新聞というものがあるんですね。

マネックス証券で初めて知りました。じっさいに新聞を売っているところを見たことはないですが、どうも首都圏では、駅の改札内売店で売っているようですね。

その新聞の第一面のみを、PDFで閲覧できるサービスです。一面だけしか見れないので、とくに投資の参考になることはないのですが、なんというか、東京茅場町にある証券取引所界隈の熱気が感じられる紙面なので、見ていて楽しいです。

「資産運用始めるなら!マネックス証券」



関連記事

会社四季報チェック(2017年4集)2

9月15日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o カルビー(2229) 【 …

SBI証券サイトのおすすめ機能[ポートフォリオ]

僕はSBI証券をメイン口座として投資しています。 メイン口座にSBI証券を選んだ理由のひとつは「ポートフォリオ画面が分かりやすくて便利」だからです。 2つの利点についてご紹介します。 ① 自由度の高い …

日経マネー「日本の億万投資家名鑑」

おすすめ度:★ 日本ホームマガジン 日経BP社 本のサブタイトルに 「運用資産10億円超も。個人投資家63人のノウハウを明かす!」 とあるように、資産が数億ある個人投資家がたくさん登場して、自らの投資 …

会社四季報チェック(2018年2集)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

銘柄ウォッチ「オリックス(8591)」

オリックス 企業サイトはこちら オリックスとは オリックスは、リース事業、不動産、銀行、生命保険、野球球団経営、その他投資事業と、多角的サービスを展開する会社です。 オリックスレンタカー、オリックス不 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up