投資を考える 銘柄ウォッチ 個別銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「Procter&Gamble(PG)」

投稿日:2017年3月13日 更新日:

Procter&Gamble(米国) WEBサイトはこちら

Procter&Gamble(日本) WEBサイトはこちら

日用消費財のグローバル企業、プロクター&ギャンブル、通称P&Gです。

ティッカーは「PG」ですね。NYSEに上場しています。

ウォーレン・バフェットも、持株会社バークシャーハサウェイの構成銘柄に加えています。

設立は1837年。世界180か国に製品を提供しています。

そして、CMでもよく見かけるおなじみの商品を多数かかえています。

  • 衣料用洗剤:アリエール
  • 衣料用洗剤:ボールド
  • 柔軟剤:レノア
  • 台所用洗剤:ジョイ
  • 消臭剤:ファブリーズ
  • おむつ:パンパース
  • 生理用品:ウィスパー
  • ヘアケア:パンテーン
  • ヘアケア:H&S
  • ヘアケア:ヴィダルサスーン
  • 化粧品:SK-Ⅱ
  • ひげ剃り:ジレット
  • 電機シェーバー:ブラウン

日用品といえば、「花王」「LION」「P&G」の三つ巴で、熾烈なシェア争いが続いています。

製品の品質的にはそんなに差がないので、あとは価格競争や広告戦略での差別化になっていくんじゃないかと思います。

P&Gは、ファブリーズのテレビCMが印象的ですね。日常生活で出くわす嫌な臭い(下駄箱、車のエアコン、服についたニオイ)を解決できることをうまく伝えています。

過去にテレビで、P&Gジャパンの社長がこんなことを言っていました。

「P&Gは世界中に展開しているが、日本でのマーケティングがいちばんむずかしいです。日本の消費者の好みは多様化していて、たいへん厳しい目を持っているからです。逆にいうと、日本で売れるなら、どこの国でも売れるんです。」

消費者の好みはたえず変化しているので、「もっとこういうのがあったらいいのに。」「そうそう、こういうのほしかったのよね。」という小さな声にいち早く気づいた企業だけが今後生き残っていくのでしょう。企業側にしたら、たいへん骨の折れることだと思います。

P&Gの株は2015年にすこしだけ買っていて、ちょっとだけ儲けさせていただきました。

次に大きく株価が下がったら、また買いたいなと思っています。

Amazon:「プロクターアンドギャンブル」での検索結果



関連記事

「日経ビジネス 徹底予測2018」

おすすめ度:★★ 日経BP社 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 本屋に行って、2018年版を買ってきました。780円。 昨年よりもページ数が44ページ増えて、分厚 …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

先物・オプション取引を独学する[6]WEBサイト

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 これまで書籍で勉強してきて、日経225先物取引はある程度理解することができましたが、オプション取引はあまり理解できていませんでした。 最終 …

投資における最大のリスクは「自分自身」です

よく「投資におけるリスク」という話題になると、「価格変動リスク」とか「値下がりリスク」とか「流動性リスク」という言葉が登場してきますが、それらは実際のところ、たいしたリスクではありません。 投資商品自 …

株との出会い

株をはじめたきっかけの話です。 株式投資をはじめたのは2008年で、三十代のときでした。 あのリーマンショックが起こる、ちょっとだけ前のことでした。 それまでの僕は、株式投資とはまったく無縁な人間でし …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up