投資を考える 銘柄ウォッチ 個別銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「Coca-Cola(KO)」

投稿日:2017年3月5日 更新日:

Coca-Cola WEBサイトはこちら

コカ・コーラ ジャパン WEBサイトはこちら

世界中のだれもが知っているコカ・コーラ(Coca-Cola Company)。

市場でのティッカーはKO。

最近でこそ、健康ブームが向かい風となり、売上は徐々に減ってきていますが、それでもここ数十年、世界ナンバーワンの飲料メーカーであることに変わりはありません。企業のブランド価値をはかる「世界ブランド価値ランキング」でも、毎年10位以内に入っています。

設立は1919年。和暦だと大正8年。なんと100年を超える老舗企業なんですね。

世界的なロングセラー商品がいくつもあります。

  • コカ・コーラ
  • ファンタ
  • スプライト
  • ミニッツメイド
  • アクエリアス

日本だけで売られている商品も、おなじみのものばかりです。

  • 缶コーヒー「ジョージア」
  • 紅茶花伝
  • 爽健美茶
  • いろはす
  • からだすこやか茶
  • 綾鷹

ペプシ・コーラなど、似たような他社商品はたくさんあるのに、なぜ常に世界ナンバーワンでいられるのか?

それはCM・広告でのブランド戦略だと思います。やっぱりいちばんカッコいいんですよね、コカ・コーラが。砂糖がたくさん入っていて体にわるいとしても、コカ・コーラを飲んでいる自分がカッコよく思える。そんなふうに思わせるイメージ戦略がスゴイと思います。

僕自身、いま米国株のCoca-Cola(KO)を300株もっています。実のところ、株価が買値まで戻ったら、全部売ってしまおうと思っているのですが、それでも保有している間はそこそこ良い配当をもらい続けることができるので、気長に持っていようと思っています。

あのウォーレン・バフェットは、まだ今のように世間に知られていないCoca-Colaに目をつけ、大量に株を買い付け、そして保有し続けることで、莫大な利益を得てきました。いま現在も、バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ社の保有株のうち、10%超をCoca-Colaが占めていることをみると、バフェットもまだまだCoca-Colaは安泰だと判断しているのではないでしょうか。

Amazon:「Coca-Cola」での検索結果



関連記事

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。 投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーです。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 経済 …

銘柄ウォッチ「良品計画(7453)」

良品計画 WEBサイトはこちら 「無印良品」(むじるしりょうひん)。 いまやだれもが知っているこのブランドを取り扱う会社が良品計画です。 2011年頃に、この株の銘柄を売買していて、まあまあそこそこの …

GMOクリック証券口座の使い道を決めました

今年の2月に、新垣結衣ちゃんの広告に誘われて、GMOクリック証券の口座を開きました。 あれから半年がすぎましたが、結局GMOクリック証券では1回も取引することなく、いわゆる「休眠口座」になっていました …

投資の極意は「とても低いハードルを見つけ出して、それを飛び越す」にあり

「投資の達人になりたいんだ!」という思いで、今までけっこういろんな投資本を買って勉強してきました。 単行本や文庫本で20冊くらい、雑誌でも20冊は買っているかと思います、たぶん。 正確に数えられないの …

江崎グリコとカルビーが暴落したけど、大丈夫だろうか?

2017年10月末時点の全資産を計算して、はじめて1,000万円を越えていたので、「ヤッホーイ!」と浮かれていたら、いつの間にか手持ちの株が暴落していました。 江崎グリコとカルビーが暴落です。 どうも …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up