投資を考える コラム記事 投資の心得

「定量的」「定性的」に銘柄を選別する

投稿日:2017年2月27日 更新日:

最近になって、「定量的」「定性的」という言葉をはじめて知りました。

インターネットで仕事の調べ物をしていたら出くわした言葉です。

元々は理系分野の言葉で、最近ではビジネスシーンでもよく使われる言葉らしいです。僕の周りで使っている人を見たことないですけど、そういうことらしいです。

調べてみたら、次のような意味でした。

定量的:数値・数量で表現できるもの。具体的なもの。

定性的:数値・数量で表現できないもの。性質や傾向をあらわす。感覚的なもの。

なるほど。数値化できるものとできないもの、ということですね。

この言葉を聞いて思い出したのが、僕の作った銘柄選別表です。

数年前、気になる銘柄から投資に値する企業を絞り込もうと、銘柄の財務情報などを一覧にまとめて比較検討したことがあるのですが、そのときにやっていたのが、まさに定量的分析と定性的分析だったんだと思いました。

当時のExcelをひっぱりだしてきて、定量的分析(数値にできるもの)と定性的分析(数値にできないもの)に分け、最新の四季報から数値を拾ってきたのが、下の表です。

定量的分析の項目

銘柄、業種、権利確定月、株主優待の有無、保有割合〔外国人保有割合、投資信託組入割合、浮動株割合、特定株割合〕、PER、PBR、自己資本比率、配当利回り、営業利益率、ROE

定性的分析の項目

自分が利用している商品・サービスか、応援したい企業か、長続きする事業か、理解できる事業か、世界で通用するか、みんな求めるサービスか、ブランド力はあるか、オリジナリティはあるか、WEBサイトの品質はよいか、社長の顔は信頼できる顔か

こうやってマス目を埋めたあとで、各銘柄を比較していきます。

最も違いが顕著なのは、外国人の保有割合ですね。鳥貴族はたった3%なのに、東洋水産は44%もあります。海外進出の割合に比例しているんでしょうか。

PERはどこも似たりよったりです。

定性的分析は、かなり主観が入ってくるので、参考程度にするのが良いです。

あなたが投資したいと思っている10社について、この表を作って比較してみたら、なにか新しい発見があるかもしれません。



関連記事

会社四季報チェック(2018年4集)3

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 日本取引所 …

「日経ビジネス 徹底予測」

おすすめ度:★★ 日経BP社 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 経済・政治関係の年間予定カレンダー 各界要人へのインタビュー アナリストによる株価・為替予測 主要 …

はじめてのリアルタイム板はコワい

証券会社に口座を開くと利用できる、売気配と買気配が分かるリアルタイム板。(上の図は、表計算ソフトで実物をマネして作りました。) 売り買いどちらの気配が強いかを判断するのに便利で、取引時間中なら刻々と数 …

株式投資は、後出しジャンケンで勝てます

よく「株は連想ゲームだ」と言われます。「大風吹けば桶屋が儲かる」の発想で、何か事件が起こったとき、需要が増えそうなものを連想し、それを提供する企業の株を先回りして買っておく、という発想です。 また、投 …

ブランドは細部に宿る

建築やデザインの業界では、「神は細部に宿る」「ブランドは細部に宿る」という言葉があり、「良い作品、良い仕事は細かいところにこだわって作られている、ディテールをおろそかにしてはならない」という意味で使わ …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up