雑記メモ 投資を考える コラム記事

カリスマ投資家「B・N・F」さんのこと

投稿日:2017年2月20日 更新日:

2005年12月8日のジェイコム株大量誤発注問題で、20億円稼いだ男として有名になったカリスマトレーダーのB・N・Fさん。

たった10分で20億を稼いだ、と当時ニュースになり、すごいなーと興奮しましたね。でもB・N・Fさんにとっては20億も日常茶飯事の利益だったというのがさらに驚きでした。

最近は、どう過ごされているんでしょうねえ。たまにYoutubeでB・N・Fさんの自宅訪問の動画を観たくなって観ます。取引規模が大きすぎて、ちょっとした利益で数百万稼いでしまうのが、観ていて気持ち良いんです。

2009年には、すでに資産200億らしいので、いま頃はどれだけ増えているんでしょうね。

B・N・Fさんは、2ちゃんねるの投稿で、取引手法を公開していますが、チャートの移動平均線乖離率を利用した取引や、機関投資家による信用売りの反対売買の動きを利用した利ザヤ取りや、日経平均先物の動きを水先案内人とする取引など、とても参考になります。

僕の本業はサラリーマンなので、B・N・Fさんのように一日中相場を見ていることはできませんが、たとえ一日中相場見ていたとしても、僕の投資手法では投資パフォーマンスは上がらないのではないかと思います。相場が動いた後の、後出しジャンケン的な投資だからです。

B・N・Fさんはちがいます。自分から、相場に獲物を探しにいっています。勝手な想像ですが、一日中相場を見ている中で、今の相場でしか通用しない規則性・法則性を発見し、それを利用して利益を積み上げているのではないかと思います。

テレビのインタビューで取引のコツを聞かれると「慣れですよ。慣れ。」と軽く言われていましたが、その真意は「その場その場で規則性・法則性を発見することに慣れたら簡単ですよ。」という意味だと想像します。

人間の経済活動によって相場が動く以上、100%ランダムに相場が動くことはなく、そこには何かしらの傾向、ゆがみが生じます。それをB・N・Fさんは的確にとらえているのでは?と思います。

ところで、B・N・FさんはYoutubeの動画の中で、前場と後場の間の昼食に、カップラーメンを食べるシーンがよく出てきます。「あんまりお腹いっぱいになってしまうと、午後から眠くなってしまうので。とにかく、早く食べられればなんでもいいんです。」といって食べるカップラーメンが実にうまそうなんですよね。

「日清カップヌードル」や「マルちゃん赤いきつね」など食べてる姿を見ると、つい同じものを食べたくなってしまいます。サッカーや野球で、強いチームのユニフォームがカッコよく見えるのと同じで、カリスマトレーダーの食べるものは、なんでもおいしそうに見えてしまいます。

B・N・Fさんは、ネットの噂ではご結婚されたようなので、いまはカップラーメンでなく愛妻料理を味わっていることでしょう。



関連記事

銘柄ウオッチ「マキルへニー(未上場)」

マキルヘニー WEBサイトはこちら もし上場したら投資してみたい企業、「McIlhenny Company(マキルへニー社)」。 なじみのない社名ですが、言わずと知れたペッパーソース調味料「タバスコ」 …

「日本経済新聞」

おすすめ度:★ 日本経済新聞社 やっぱり経済のことを知るなら、日経新聞ですね。160円。 僕は土曜日の日経新聞だけ、気が向いたときに買って読むようにしています。別刷版がついていてお得だし、一週間の経済 …

投資はシンプルに考える

投資を複雑にしてしまう要因 かの著名投資家、ウォーレン・バフェットは言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者がい …

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

誤解を恐れずに言います。 なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。 一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で …

低位株の投資銘柄をさがす

GMOクリック証券に資金の約1%を入金して、低位株投資することに決めました。 まず必要なのは、投資銘柄です。 独自の基準にしたがって、スクリーニングしていきます。 次の条件で絞り込んでいきます。 取得 …

2018/08/07:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/08/05:メニュー「運用成績」更新
2018/07/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up