投資を考える 銘柄ウォッチ 銘柄スクリーニング

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

投稿日:2017年2月15日 更新日:

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。

街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。

ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるんでしょうね、コンビニって。

各社の出店競争はまだまだ続きそうです。

「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の三つ巴となっていますが、この中で、生き残るはどこなんでしょう?

①コンビニエンスストアのパイオニア、セブンイレブンか。

②無印良品を取り扱い、海外にも強い、伊藤忠商事系のファミリーマートか。

③ナチュラルローソンなど新たな業態を生み出す、三菱商事系のローソンか。

ウーン、やはり①セブンイレブンでしょう。理由は以下です。

  • お弁当やおにぎりは、添加物をあまり使っていなくて、3社の中でいちばん美味しい。
  • 営業利益率が高い。
  • セブンプレミアム(プライベートブランド)の売れ行きがよい。
  • コーヒーやドーナツの販売、店内ATM、宅配など、他社に先駆けた新しいサービスを生み出し続けている。これからもその姿勢は続いていくと思われる。
  • JR西日本の構内で、キヨスクに代わって出店。ますます身近な存在になっている。
  • 海外出店数も、他を引き離している。

そんなセブンイレブンが絶好調の「セブン&アイホールディングス(3382)」ですが、イトーヨーカドーなどのスーパーマーケット事業、西武・そごうの百貨店事業、その他小売事業は、先行き不透明なところがあり、なかなか積極的に投資に踏み切れません。それぞれの事業が手を結びあって、相乗効果が出てくれば、さらに魅力が増すんでしょうけどね。



関連記事

キユーピーの2017年通期決算短信が発表されました

きょう1月11日の15時に、キユーピー(2809)の通期決算短信が発表されました。 前期とくらべて「微増」と、まずまずの結果だったと思います。 さっそく決算短信の内容をみていきましょう。 売上高・利益 …

株式投資が副業に最適な理由

株式投資は副業として最適です。 理由は次の3つです。 ①副業に時間を取られることがない 本業のほかに副業を行う場合、基本的には休みの日の時間をけずって行うことになります。たとえば代表的な副業の治験、ア …

失敗談「鳥貴族の没落」

2018年8月現在、僕は国内株の保有銘柄すべてで含み損を抱えています。 金額にして-1,099,947円です。ついに含み損100万円越えを達成してしまいました! ポートフォリオの状況です。 銘柄 株数 …

上場3400社のWebサイト 勝手にランキング!

投資する銘柄を選ぶときの、僕なりの基準なんですけど 「企業の自社Webサイトが、ユーザーにとって使いやすいかどうか?」 という観点で銘柄を選別しています。 なぜそうしているか?「ブランドは細部に宿る。 …

新成人の皆さん、投資を始めよう!

2017年1月9日は成人の日でしたね。 新成人のみなさん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思うけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいこと …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up