投資を考える おすすめ投資本 おすすめ度★

「家電製品の無料カタログ」

投稿日:2017年2月12日 更新日:

おすすめ度:

ヨドバシカメラやビックカメラなど家電量販店で家電を買うとき、人は2つのタイプに分かれると思うんです。

フィーリング派:
店員さんの話を聞いたり、商品をその場で見たり触ったりしたときのフィーリングを大事にして、ショッピングという行為自体を楽しみながら商品を選ぶタイプ。

リサーチ派:
まずどんな商品があるか幅広くリサーチし、製品カタログを見比べながら、自分の理想に近いものがどれか検討してから選ぶタイプ。

僕は断然「リサーチ派」です。

たとえばデジタルカメラを買おうと思って、量販店に行きます。
カメラコーナーに行ったら、ひととおり陳列棚を見た後、各社の製品カタログを収集してまわり(多少、店員さんの視線を感じながら)、そして一旦その場を立ち去ります。

キャノン、ニコン、オリンパス、富士フイルム、リコー、ソニー、パナソニック、カシオ、シグマなどのカタログを全部集めます。

それを家に持ち帰って、じっくり眺めて楽しみます。

  • 各社製品の特徴、スペックのちがいは何か
  • ネットのレビューでのおすすめはどれか
  • 自分が求めている理想の商品に最も近いのはどれだろうか

など、検討に検討に検討を重ね、2つか3つの商品に絞り込んだら、再び量販店を訪れます。

そして、お目当ての商品を実際に手に取ってなんども確かめます。で、最後に自分に向けてこう問いかけます。

「これを買ったとして、使っているうちに壊れたり失くしてしまったとした場合、もう一度同じものを買いたいだろうか。」

もう一度買ってもいいな、と思えるものだけ買うようにしています。

我ながらめんどくさい買い物スタイルですね。でもこうやって検討を重ねることで、買った後の後悔は格段に少なくなります。株式投資も、同じだと思います。銘柄選別は慎重に。検討に検討に検討を重ねてから買ってもけっして遅くはないです。

それにしても、製品カタログというものは、企業のカラーというか、個性が出ていて、それを見比べるだけでも楽しいです。なんせ無料ですし。

下の写真は、キャノンのカメラレンズ総合カタログの表紙です。最初見たときは「何これ?」と思いますが、キャノンをよく知っている人なら、望遠レンズのアップ写真だということが分かります。レンズの一部だけを表紙に使うなんて、センスがいいなと思います。

一方、ニコンのカメラレンズ総合カタログの表紙は、下の写真です。こちらは質実剛健というか、生真面目というか、「これはレンズのカタログです。」とひと目で分かる表紙になっていますね。

こんなふうに、ライバル企業どうしのカタログを比較すると企業カラーも見えてきて楽しめるのでおすすめです。

余談ですが、僕みたいにシャイな人が家電量販店に行くと、なるべく店員さんにしゃべりかけられることなくゆっくり製品を見たいなあといつも思います。そういう観点からいうと、もっとも店員さんの視線を感じずにゆっくり見て回れるのは「ソフマップ(ビックカメラ系列)」ですね。逆に、いちばん店員さんの視線を感じてプレッシャーに思うのは「ヤマダ電機」です。あくまで個人的な感想ですので、あしからず。



関連記事

会社四季報チェック(2017年2集)2

3月17日に発売された四季報の中から、気になる銘柄をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 朝日放送(9405) 【小幅増益】住宅展示場の費用増重いがテレビはスポット広告の …

会社四季報チェック(2018年3集)

2018年6月15日に「四季報 2018年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

先物・オプション取引を独学する[2]書籍(日経225先物① 基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

失敗談「オリンパス株大暴落で」

5年前の2011年に起きたオリンパス事件、おぼえていますか。 (Wikipediaより抜粋)オリンパスが巨額の損失を「飛ばし」という手法で、損益を10年以上の長期にわたって隠し続けた末に、負債を粉飾決 …

「ナチュラルハイ わたしを超えるわたし」

おすすめ度:★★ 上野 圭一 著 ちくま文庫 「ナチュラル・ハイ」とは 「ナチュラル・ハイ」とは、ひと言でいうと「幸福体験」です。 まわりの世界と自分との境界線がなくなり、自己超越感覚がおとずれ、幸福 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up