投資を考える コラム記事 投資の心得

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

投稿日:2017年2月2日 更新日:

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。

その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。

正直なところ、いちどもやったことないのですが、「現渡し」が取引で有効かどうかシミュレーションしてみました。

まずはSMBC日興証券サイトの「初めてでもわかりやすい用語集」から引用させていただくと

現渡し (げんわたし)

信用取引の決済方法のひとつで、売り建てた株式を決済するときに、買い戻しにより差額決済するのではなく、手元にもともとある、または他の方法で取得した同銘柄・同株数の株式を差し入れて決済することを「現渡し」といいます(「品渡し」とも呼ばれます)。制度信用取引の場合、6カ月という決済の期限がありますが、その間に株価が下がらなかった場合などに買い戻し以外の決済方法として利用されます。

とあります。

たとえばある株を1株2000円で信用売りして、同じ銘柄を1株2000円で現物買いしたとして、株価が予想に反して2200円まで上がってしまったとき、同じ銘柄の現物を信用売りの反対決済に使うことで、損益チャラ、無かったことにしてくれます。

これ、お得な取引なのかシミュレーションしてみました。

  1. A株を100円で現物買いします。
  2. A株を100円で信用売りします。
  3. 株価が120円に上がった場合、現物株を差し入れて信用株を現渡しします。
    ⇒損益プラスマイナスゼロとなります。
  4. 株価が80円に下がった場合、信用株を返買します。
    +20円となります。
    ⇒現物株は下がっているので、含み損益が-20円です。そのまま売ったら-20円。長期戦で戻りを待ったら、もしかしたら損益ゼロで売れるかもしれません。

このシミュレーションから考察すると・・・

  • 現物買と信用売を組み合わせることで、株価上昇時の信用売りの損失を回避できる。売りをメインで儲けようとするときのリスクヘッジとして使える。
  • 信用売と同じ数の現物を取引する必要があるのは、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようで、メリットは感じられない

実際に信用売りを経験してみることで、もっとちがった認識になるかもしれませんが、これが現時点での結論です。



関連記事

日経ビジネス アソシエ「給料が増えない時代の 一生役立つ!お金の増やし方」

おすすめ度:★★ 日経BP社 今後のライフプランを見直すために、資産運用についての本をさがしていたところ、この雑誌に出会いました。 給料がなかなか増えない時代に、われわれサラリーマンは、いかにして資産 …

会社四季報チェック(2017年2集)

3月17日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 江崎グリコ(2206) …

銘柄ウォッチ「江崎グリコ(2206)」

グリコ WEBサイトはこちら 大阪観光のパンフレットで表紙に写っているものといえば、さて何でしょう? 通天閣、くいだおれ太郎、たこ焼き、よしもと新喜劇、そしてグリコの看板! そう、グリコの看板はもはや …

今後のマーケットを予想できますか?

アメリカ大統領選挙でトランプ氏がヒラリー氏に勝利した11月8日あたりから、株価は上昇を続け、為替は円安基調になっていますが、いったいどこまで続くのでしょうか? ありがたいことです。でも、何か不気味です …

GMOクリック証券に口座を開きました

めっちゃ可愛い新垣結衣ちゃんの広告に誘われて、つい口座を開いてしまいました。 GMOクリック証券。 口座開設まで早かったです。運転免許証やマイナンバー通知カードなどの本人確認書類は、画像を口座開設サイ …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up