投資を考える コラム記事 投資の心得

現物と同じ銘柄を信用取引で「現引き」することにメリットはあるか?

投稿日:2017年2月1日 更新日:

昨年2016年に、はじめて信用取引(買い)をやってみました。

まだまだ勉強しながらですが、40回ほど信用取引して、いまのところ一度も損することなく取引できています。

手法としては、現物で保有している株やウォッチしている銘柄の株価が下がりに下がったときを狙って、ちょっとだけ信用買いして、少しだけ利益がでたら売ってしまうようにしています。

でも、これだけ慎重に取引していても、さらに下がり続けることがあります。じっくり待つのもひとつの手ですが、現物とちがい信用取引は保有しているだけで徐々に金利がかかりお金が減っていきますし(といっても年率で3%弱ですが)、制度信用取引という取引方法の場合は、買って半年後には必ず反対決済(つまり売却)をしないといけないので、なるべく保有期間は短くしたいものです。

そこで役立ったのが「現引き」です。

SMBC日興証券サイトの「初めてでもわかりやすい用語集」から引用させていただくと

「現引き(げんびき)」

信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額決済をするのではなく、自分の手元にある現金で、株式を引き取ることを「現引き」といいます(「品受け」とも呼ばれます)。制度信用取引の場合、6カ月という決済の期限がありますが、その間に思い通りに株価が上がらなかった場合などに、引き続きその株式を保有するために利用する方法です。

とあります。

たとえばある株を100株2000円で信用買いしたあと、株価が1800円まで下がってしまったとき、その100株を現物株として現金で買い取ることができます。現引きしたあとは、含み損200円の現物株が手元に残ることになります。

最初にこのルールを知ったときは「えっ、そんな裏技的なことやっていいの?」とおどろいて、なんとかこのルールを利用してウマい投資手法を編み出せないか、自分なりに考えてみました。

たとえば「同一銘柄を、信用と現物の両方で保有し、現引きを駆使しながら取引したら勝つ確率があがるんじゃないか」と思い、シミュレーションしてみました。

  1. A株を100円で現物買いします。
  2. A株を100円で信用買いします。
  3. 株価が120円に上がった場合現物株を売り、信用株を返売します。
    ⇒合計+40円の利益となります。
  4. 株価が80円に下がった場合信用株を現引きします。
    ⇒現物株80円が2株になりましたので、-40円となります。

このシミュレーションから考察すると・・・

  • 現引きをした場合、損失が出た信用建玉を無くせるメリットはある。
  • しかし、結局最初にすべて現物買いしたときとリスクは同じこと。
  • それであるなら、値下がりした時点で現物をナンピンしたほうがメリットがある。

となりますので、結論としては、

現物と同じ銘柄を信用取引で「現引き」することにメリットはない。

となります!



関連記事

投資における最大のリスクは「自分自身」です

よく「投資におけるリスク」という話題になると、「価格変動リスク」とか「値下がりリスク」とか「流動性リスク」という言葉が登場してきますが、それらは実際のところ、たいしたリスクではありません。 投資商品自 …

会社四季報チェック(2017年3集)

6月16日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 江崎グリコ(2206) …

グリコのお菓子が顧客満足度高い理由

主観的な見方になってしまいますが、グリコのお菓子はいつも満足度が高いです。 ポッキー、カプリコ、プリッツ、ビスコ、チーザ、かるじゃが、ジャイアントコーン、パピコ、パナップ、アイスの実、SUNAO、朝食 …

株式投資は、臆病者が勝つ

株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避けながら取引ができるか こ …

鳥貴族が、さらにさらに暴落

2018年9月13日(木)、再び鳥貴族が暴落しました。 前日比-4.89%。東証1部上場企業の値下がり率ランキング、堂々の15位でした。 何が原因で暴落したのか? 9月12日の15時に、2018年7月 …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up