投資を考える コラム記事 投資の心得

甘い投資話には気をつけましょう

投稿日:2017年1月30日 更新日:

たまにテレビ番組で、芸能人が投資詐欺にあったなんていう話をきくと「なんでこんな分かりやすいウソにひっかかるんだ。」と不思議に思うことがありますよね。

「とても信用できる友人から新規上場株の投資話を持ち掛けられたんです。『上場した瞬間にかならず株価が上がるから、ゼッタイ買いだよ。〇〇さんだけにコッソリ教えるから。こんなチャンスを逃す手はないって。』と話をもちかけられて、その友人に1000万円を預けたんです。そして数日後、その友人に電話してもぜんぜん出ないんで、おかしいと思って家に行ってみたんです。そしたら、もう引越したあとで音信不通なんです。もしかしたらと思って調べてみたら、そもそもそんな新規上場株は存在しないことを知りました。そのときハッと気づいたんです。『コレは詐欺だ!オレはダマされたんだ!』って。とつぜん目の前が真っ暗になりました。」

みたいな話。

僕自身はネット証券でしか取引したことがなく、人づてに投資をしたことが一度もないので、こういう痛い目にあった経験はないのですが、実際に儲け話をもちかけられたとしても、投資に関しては、きっとだまされることは無いと思います。

なぜなら、投資はラクに儲けられるものではないことを知っているからです。

  • そもそも、ラクに儲けられる必勝法は存在しない。
  • かりに投資の必勝法があったとしても、それをわざわざ人に教える人はいない。

と思っているからです。

投資以外の、たとえばハニートラップなんかだと、もしかしたらコロッとダマされるかもしれませんが、投資に関しては大丈夫だと思います。(たぶん)

みなさんも、甘い投資話には気をつけましょう。



関連記事

投資とは、待つことである。

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。 僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。 もうちょっと買うのを …

「世界一やさしいオプション取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★★ 岩田 亮 著 ソーテック社 さまざまな投資商品のなかで、僕にとっていちばん理解できないのが先物・オプションです。 いちおうSBI証券には先物・オプション口座を開いているので、取引しよ …

投資の目標をもつこと

何ごとも、目標をもって、それに向かって進むことが重要ですね。 株式投資においても、ただダラダラ取引をするのではなく、目標をもってやるほうが良いと思います。 僕の場合は、「資産1億円を達成する」というの …

米国市場が大暴落したら、この銘柄を買おう

米国市場、絶好調ですね。 2017年6月現在、NYダウはついに21,500ドルを越えてきました。8年前の2009年は6,900ドルだったわけですが、そこからスーッと右肩上がりのチャートが続いています。 …

金融商品のリスクとリターンを「交通手段」に例えて説明してみた

資産運用をスタートするとき、 目的地(資産目標額)と いつまでに目的地に到達したいか(運用期間)をしっかり決めて 最適な手段(金融商品)を選ぶ ことが重要になります。 今回、いろんな金融商品が持ってい …

2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
2018/08/07:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/08/05:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up