投資を考える コラム記事 失敗談

失敗談「サーティーワンアイスの塩漬け」

投稿日:2017年1月25日 更新日:

株式投資をやってるなかで、一度にもっとも大きな損失を出した思い出ぶかーい銘柄。

それが、JASDAQに上場しているB-Rサーティワンアイスクリーム(2268)です。

含み損がかさみ、損切りして13万円を失いました

取引の記録です。

2013/5/24

100株購入

2013/6/19

下がったので100株購入

2013/6/26

さらに下がったので100株購入(合計300株の平均購入価4670円)

そこから全く株価が動かず、その間に何回かの配当金と株主優待品(商品券)をもらいながら約2年の月日が流れ、ついに損切りしてしまいました。

2015/3/10

100株を4235円で売却 損益-9.3%(-43,500円)

2015/3/11

100株を4240円で売却 損益-9.2%(-43,000円)

2015/3/11

100株を4235円で売却 損益-9.3%(-43,500円)

合計13万円の損失。一万円札を13枚をなくすというのは、やはりショックですねー。

もともと、なぜサーティワンに投資したかというと、

  • 自社サイトが楽しくて好感が持てた
  • 他にはない業態で独自性がある
  • 昔からある商品で、単純にアイスクリームの味がおいしい
  • 地球温暖化が進むということは、冷たいものに需要がある
  • 火を使わない厨房なので効率的な経営ができる

などの理由で買っていました。

でも、保有している銘柄の株価が下がり続けると、なんというか、その企業に不信感がわいてくるものです。とても気に入っていたサーティワンでさえ

  • 夏しか売れない商品なのでは?
  • 女性やこどもしか買わないんじゃないの?
  • だとしたら少子化でさらに向かい風ではないのか?

と疑いをもつようになりました。

そして、サーティワンという企業が、今後の成長性を感じさせるアクションを起こしているかというと、どうもちがうなと判断し、思い切って損切りしました。

2017年現在、サーティワンの株価をみると、4000円付近をウロウロしています。あのまま持ち続けたとしても、ずっと含み損を抱えたままだったので、損切りしてよかったケースなのかもしれません。

商品自体はとっても魅力的で味も最高なので、それに付加価値を加えることに注力していけば、オンリーワン企業として成長を続けられるんじゃないでしょうか。

たとえば

  • 人気フレーバー投票
  • バレンタインデーやホワイトデーとからめた販促
  • 合併元のバスキン・ロビンス社と不二家の商品とのコラボ
  • 高級路線のアイス
  • 高速道路パーキングや土産物屋でのご当地アイス
  • 病院の売店付近での販売
  • 通信販売
  • イベント会場で出張バス販売

とか、いろいろやり方はあると思うんですけどね。

ぜひ今後のサーティワンに期待します。

さて、僕自身はこの取引から学ばなくてはいけません。

長期見通しの期待がもてない企業をナンピン買いすると、大変なことになるという教訓として、これからもこの失敗を忘れないようにします。



関連記事

株式投資の両建ては有効か? 検証してみた

僕はふだん「信用売り(空売り)」は行いません。 「買い」のみで取引するほうが頭の中がシンプルに整理されて、分かりやすいと思っているからです。 でも実は「両建て投資」というものにあこがれを持っていて、両 …

最近気になっている10銘柄(2018年8月)

最近気になっている銘柄を10個挙げます。 現在保有はしていないけど、チャンスがあったら買いたい銘柄です。 ※銘柄コード順 01:セブンアンドアイホールディングス(3382) 自然災害が頻発している日本 …

銘柄ウオッチ「Coca-Cola(KO)」

Coca-Cola WEBサイトはこちら コカ・コーラ ジャパン WEBサイトはこちら 世界中のだれもが知っているコカ・コーラ(Coca-Cola Company)。 市場でのティッカーはKO。 最近 …

株との出会い

株をはじめたきっかけの話です。 株式投資をはじめたのは2008年で、三十代のときでした。 あのリーマンショックが起こる、ちょっとだけ前のことでした。 それまでの僕は、株式投資とはまったく無縁な人間でし …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
2018/08/07:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/08/05:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up