投資を考える おすすめ投資本 おすすめ度★

「遊びと人間」

投稿日:2017年1月24日 更新日:

おすすめ度:
講談社学術文庫
ロジェ・カイヨワ著

株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たしかに株式投資にはゲームの側面があるといえます。ゲーム感覚のデイトレードで億万長者になった若者の話を聞くと、なおさらそう思います。

この「遊びと人間」という本は、ゲームの根底にある「遊び」というものを科学的に考察しながら、「人間とは何か?」について考えさせてくれる本です。株式投資の枝葉の部分であるコツやテクニックを学ぶだけでなく、株式投資の幹の部分(本質)を考えたいときに役に立つと思います。

著者のロジェ・カイヨワ(Roger Caillois)はフランスの社会学者です。

カイヨワによると「遊び」は4種類に分類されます。

  • アゴン(競争):スポーツ、チェス、けんかなど
  • アレア(偶然):ルーレット、サイコロ、競馬など
  • ミミクリ(模倣):演劇、ごっこ遊び、カーニバルなど
  • イリンクス(眩暈):絶叫マシーン、サーカス、スキーなど

また、4つのなかでも

  • アゴン(競争)とアレア(偶然)は文明的な遊び
  • ミミクリ(模倣)とイリンクス(眩暈)は原始的な遊び

に分けられるそうです。

これらの分類の中で、株式投資は、アゴン(競争)とアレア(偶然)の要素が多い遊びといえます。

「お金をふやすという目標に向かってすすんでいく競争」と「自分のちからでは株価を左右できない偶然」とが入り混じっている遊び。

割合でいうと、アゴン(競争)80%、アレア(偶然)20%、かなと僕は思っています。

株式投資は、ギャンブルのような偶然の要素にたよるものではなく、「確実に儲ける方法を見つけたら地味に着実にそれを継続していく」というゲームだと思います。

Amazon:遊びと人間 (講談社学術文庫)

楽天ブックス:遊びと人間 [ ロジェ・カイヨワ ]

 



関連記事

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

会社四季報チェック(2018年4集)3

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 日本取引所 …

株式投資は「漁」と似ている

株式投資というものは、つくづく「漁」と似ていると思います。 漁場を探して、仕掛けを作って、狙いの魚介類を釣る、採集する・・・。 魚のとりかたは様々で、何が正解というのはなくて、たくさん魚がとれるポイン …

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。 投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーです。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 経済 …

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ ソーテック社 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。 「私、株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、 …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up