投資を考える コラム記事 投資の心得

ナンピンについて考える

投稿日:2017年1月19日 更新日:

ナンピン買い、していますか。

僕はナンピン買いばかりしています。

ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。

買った株のほとんどがなぜか下がるんで、ナンピンの使いどころが多いんです。

ナンピンとはWikipediaによると、

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。

平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。

これが「ナンピン買い」である。

とあります。

へたなナンピン素寒貧(ナンピンは下手に使うと危ない)」といわれることがあったり、「ナンピンするより冷静に損切りに徹することが投資の極意」みたいなこともいわれていますが、僕はそうは思いません

株式投資というゲームの中では、さまざまなルールが存在しますが、その中で投資プレイヤーにとってとても有利なルールが

同じ銘柄を、もう一度買ってもいい

ということだと思います。

つまりはナンピン買いのことです。

買った株の株価がどんどん下がっていっても、まだ負けてないんです。下がったところで、もう一回買ってもいいんです。そうすることで、平均取得価格が下がり、下落率が小さくなり、敗者復活のチャンスが広がります。

ただし、ナンピンした企業が倒産してしまったら、すべてが水の泡です。なので、ナンピンしてもいい銘柄の条件は「まず倒産しない企業」に限られます。ある程度有名で、長続きしている企業を選別することです。

最初からナンピン買いするつもりの計画で、ゆとりをもって少しずつ買い増していくことが、賢い投資といえます。



関連記事

日経ビジネス アソシエ「給料が増えない時代の 一生役立つ!お金の増やし方」

おすすめ度:★★ 日経BP社 今後のライフプランを見直すために、資産運用についての本をさがしていたところ、この雑誌に出会いました。 給料がなかなか増えない時代に、われわれサラリーマンは、いかにして資産 …

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

誤解を恐れずに言います。 なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。 一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で …

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」

カルビー WEBサイトはこちら 子供から大人までみーんな大好き、スナック菓子の王様「カルビー」。 1949年、広島で創業。 会社名のカルビーは、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」の組み合わ …

銘柄ウォッチ「西日本旅客鉄道(9021)」

西日本旅客鉄道(JR西日本) WEBサイトはこちら 高配当で株主優待も充実の西日本旅客鉄道(JR西日本)は、いつか買ってみたいと思いつつ、いちども取引したことがない銘柄です。 5年前は4000円をうろ …

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

  2017年、明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって良い年になりますように。 本サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。 今年は相場格言で「申酉(さるとり)騒ぐ」 …

2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
2018/08/07:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/08/05:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up