投資を考える コラム記事 投資の心得

ナンピンについて考える

投稿日:2017年1月19日 更新日:

ナンピン買い、していますか。

僕はナンピン買いばかりしています。

ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。

買った株のほとんどがなぜか下がるんで、ナンピンの使いどころが多いんです。

ナンピンとはWikipediaによると、

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。

平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。

これが「ナンピン買い」である。

とあります。

へたなナンピン素寒貧(ナンピンは下手に使うと危ない)」といわれることがあったり、「ナンピンするより冷静に損切りに徹することが投資の極意」みたいなこともいわれていますが、僕はそうは思いません

株式投資というゲームの中では、さまざまなルールが存在しますが、その中で投資プレイヤーにとってとても有利なルールが

同じ銘柄を、もう一度買ってもいい

ということだと思います。

つまりはナンピン買いのことです。

買った株の株価がどんどん下がっていっても、まだ負けてないんです。下がったところで、もう一回買ってもいいんです。そうすることで、平均取得価格が下がり、下落率が小さくなり、敗者復活のチャンスが広がります。

ただし、ナンピンした企業が倒産してしまったら、すべてが水の泡です。なので、ナンピンしてもいい銘柄の条件は「まず倒産しない企業」に限られます。ある程度有名で、長続きしている企業を選別することです。

最初からナンピン買いするつもりの計画で、ゆとりをもって少しずつ買い増していくことが、賢い投資といえます。



関連記事

株式投資は、臆病者が勝つ

株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避けながら取引ができるか こ …

「初めての日経225先物(ミニ&ラージ)で稼ぎ方までわかる本 改訂版」

おすすめ度:★★ 田中彰・江口陽子 著 スタンダーズ株式会社 「日経225先物取引にすこし興味はあるんだけど、イマイチよく分からないんだなー。」 という方にオススメの本です。 僕も最近まで日経225先 …

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

「ロシアで農業を始めよ」(ジム・ロジャーズ氏インタビューより)

「日経ビジネス 徹底予測2017」に、著名投資家ジム・ロジャース氏のインタビュー記事が載っていました。タイトルは「ロシアで農業を始めよ」。 世界各地をバイクで旅行しながら投資先を見出している冒険投資家 …

GMOクリック証券口座の使い道を変えました

GMOクリック証券の口座は「低位株専用口座」として取引していましたが、しっくりこないので、低位株は辞めることにしました。 どうも性格的に、僕はギャンブル性の高いものは肌に合わないです。だからパチンコも …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up