投資を考える コラム記事 投資の心得

普段の”消費”を”投資”に変えてみる

投稿日:2017年1月18日 更新日:

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。

  • 投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出
  • 消費」:お金を出した価値と同じ、必要なものを買う買物
  • 浪費」:いわゆる無駄遣い、あとで後悔する買物

それによって、得られる価値がどのくらいかを式にしてみると

  • 投資」:使ったお金 得られる価値
  • 消費」:使ったお金 得られる価値
  • 浪費」:使ったお金 得られる価値

となります。

できることなら”消費”を”投資”に変えていくことで、得られる価値を増やしていきたいですよね。

たとえば、チョコレートが食べたいと思い、コンビニに行ってチョコレートを買うとします。ふだん買っているお気に入りの「ブルボン アルフォート」ではなく、たまには「ロッテ クランキー」や「明治 たけのこの里」や「グリコ Caplico」や「森永 チョコボール」を買ってみて、食べるんです。自分の口に入れた時の感覚。その中で1位、2位、3位が決まってきます。その判断は、おおげさにいうと企業価値の判断です。世の8割の人が「〇〇会社のお菓子がいちばんおいしい!」と思ってるとしたら、その会社の将来は安泰です。逆に「まずい。買わなきゃよかった。」と後悔したとしても、それは投資行為の過程なので、後悔する必要はなく、意味のある行動だったわけです。

そんなわけで、普段の生活の中で買物して「この商品はとても値打ちがある。」または「この商品はダメだ。二度と買いたくない」と思ったとしたら、それは立派な投資行為だと思うようにしています。

そして、もう一つの支出活動である”浪費”について。

これもできれば”投資”につなげたいです。毎日節約で必要なものだけ買っていたら、自分の消費が凝り固まってくるからです。給料の1%くらいの浪費、たとえば手取り20万円の収入だとしたら、その1%の2000円くらいは、意図的にまったく意味のない浪費に使ってもいいと思うんです。未体験の商品やサービスにお金を使ってみる。それは新たな発見につながる投資になります。



関連記事

銘柄ウォッチ「サンクゼール(未上場)」

サンクゼール 企業情報サイトはこちら もし上場したら、投資してみたい企業のひとつ、「サンクゼール」。 名前を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、「久世福商店」「サンクゼール(St.Cousair)」 …

あたりまえのことを見失わない

株式投資に没頭していると、自分では気づかないうちに冷静さを失っていることがありますね。 「想像を超えた事件や事故による株価の上げ下げ」「アナリストによる市場予測」「不安をあおるニュース」などにうろたえ …

金融商品のリスクとリターンを「交通手段」に例えて説明してみた

資産運用をスタートするとき、 目的地(資産目標額)と いつまでに目的地に到達したいか(運用期間)をしっかり決めて 最適な手段(金融商品)を選ぶ ことが重要になります。 今回、いろんな金融商品が持ってい …

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」。 本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」です。 予測した …

株主優待制度の是非、僕は肯定派です

株主優待制度、「不要だ」という意見の人もいますが、僕は肯定派です。 何といっても、品物が届くのがワクワクして楽しいじゃないですか。だから好きです。 そもそも株主優待制度とは何なのか、あらためて調べてみ …

2018/11/03:メニュー「運用成績」更新
2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up