投資を考える 銘柄ウォッチ 個別銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「セブン銀行(8410)」

投稿日:2016年12月27日 更新日:

セブン銀行 WEBサイトはこちら

コンビニのセブンイレブンを利用する人なら一度は使ったことがある店内のセブン銀行ATM。僕もよく利用しています。銀行のATMとちがい、24時間利用できることが魅力です。飲食店など経営者向けに、毎日の売上を入金できるサービスも行っていて、夜間銀行窓口でなく、安全なコンビニ内で売上入金できるのは、利便性と安全性で大きなメリットがあります。

セブン銀行は、名前のとおり「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の銀行で、コンビニATM事業の最大手。設立は2001年。

提携先金融機関や利用者から得られる利用手数料が収入源。

設置台数は増え続けていて、町中を歩いていても新しく設置されたATMをよくみかけます。銀行業だけどリアルな店舗は持たず、親会社のコンビニ店舗内にATMを設置し、24時間稼動。親会社の店舗内なので、競合のATMにとり替えられる心配はナシ。とても効率的なビジネススタイルです。

懸念としては、将来的には現金ではなく電子マネーや電子決済が確実に増えていくので、現金を扱うATMの利用シーンは減っていくことが予想され、どこかで設置台数も頭打ちするのでは?というところがあります。

コンピニやスーパーのレジで、小銭を出すよりEdyやiDの電子マネーで払うほうがやっぱり手軽ですからね。

でも、セブン&アイグループは、消費者の隠れたニーズを見つけ出すのが得意なので、ATMを使った新しいサービスを、いまも考えてるんじゃないかと思います。

株価は最低投資金額が約4万円と買いやすく、気軽に積立投資しやすいのも魅力です。



関連記事

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。 街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。 ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるん …

「ナチュラルハイ わたしを超えるわたし」

おすすめ度:★★ 上野 圭一 著 ちくま文庫 「ナチュラル・ハイ」とは 「ナチュラル・ハイ」とは、ひと言でいうと「幸福体験」です。 まわりの世界と自分との境界線がなくなり、自己超越感覚がおとずれ、幸福 …

信用売りで取り扱う銘柄、どう選ぼうか?

元旦に、「今年は信用売りにチャレンジするぞ!」と宣言しましたが(過去ブログはこちら)、実はまだ達成できていません。 いざ取引しようとしても、なんとなくコワくて尻込みしてしまいます。「信用売りした銘柄が …

暴落相場にそなえて「買い銘柄リスト」をつくっておく

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の巻末には、澤上篤人さんによる本の解説が載っています。 「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した …

Jリーグのスポンサーへの投資を検討する

昨日、Jリーグの試合を観てきました! 昨日7月22日(土)は、大阪市東住吉区にあるヤンマースタジアム長居に行って「セレッソ大阪vs浦和レッズ」の試合を観てきました。 試合結果は4-2でセレッソの勝利で …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up