投資を考える コラム記事 投資の心得

投資をやってよかった3つのこと

投稿日:2016年12月23日 更新日:

投資をはじめる前は知らなかったけど、投資の効能というか、投資をやっているとこんな良いことがあるんだと気づいたことが3つあります。

1.経済ニュースに興味がわく

それまで、「東証株式市場の終値は」「本日の為替相場は」なんていうニュースが流れても、自分にとってまったく関係ないと思っていたのですが、株をひとつでも買ってみると、とたんに経済が自分にとって身近なニュースになりました。

経済や政治のニュースは、じぶんの持っているお金の損得に直結することなので、イヤでも興味がわいてくるのです。

2.お金への執着がなくなる

保有している株の価値は、刻々と変わっていきます。

株の価格がいま1万円だとしても、数秒後には8千円になってしまうこともあるし、1万5千円に増えることもあります。

通貨間の為替相場も毎秒変わっていくものですし、それに関連して商品の価格も変化していきます。きょうガソリンが1リットル120円だとしても、1ヶ月後には150円になっているかもしれません。

じつは投資をしていなくても、自分のもっているお金の価値は刻々と変わっているものだということに気づきます。お金の価値は絶対的なものではなく、相対的なものだと気付かされます。そうなると、お金への執着がなくなってきます。

3.世の中の見方がかわる

とくに小売企業や食品企業に投資をしていると、世の中は投資に関するヒントでいっぱいなんだと気づきます。

スーパーで見かけたヒット商品、お店の行列、電車の中で偶然耳に入ってきた女子高生の会話、テレビの情報番組、雑誌。じぶんの生活の中でよく使う商品・サービス。それらの小さな声に耳をすますことが、投資のきっかけになります。

目に映るすべてのことは投資のヒント」であり、この世界すべてが、投資というゲームの舞台なんだ、と思えば、世の中がちょっと楽しくなります。



関連記事

投資のおまもり

数年前に有給休暇をとって、東京に二泊三日の一人旅をしてきました。たしか1月くらいだったかな。寒い時期でした。 金・土・日の3日間という日程でしたが、そのとき「金曜は平日だから、平日にしか行けない東京名 …

「スノーボール ウォーレン・バフェット伝」(上・中・下)3巻

おすすめ度:★ アリス・シュローダー著 日経ビジネス人文庫 言わずと知れた著名投資家のウォーレン・バフェット氏。 2017年現在で86歳になりますが、まだまだ相場の第一線で活躍されています。 バフェッ …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド社 ピーター・リンチ 著 三原淳夫、土屋安衛 訳 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります …

株式投資の両建ては有効か? 検証してみた

僕はふだん「信用売り(空売り)」は行いません。 「買い」のみで取引するほうが頭の中がシンプルに整理されて、分かりやすいと思っているからです。 でも実は「両建て投資」というものにあこがれを持っていて、両 …

気になっている30銘柄(2017年10月)

気になっている銘柄を30銘柄挙げます。 いまのところ保有はしてないけど、投資を検討したい銘柄です。 ひとことずつコメントを添えました。 01:みずほフィナンシャルグループ(8411) 取得単価2万円弱 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up