投資を考える コラム記事 投資の心得

あたりまえのことを見失わない

投稿日:2016年12月10日 更新日:

株式投資に没頭していると、自分では気づかないうちに冷静さを失っていることがありますね。

「想像を超えた事件や事故による株価の上げ下げ」「アナリストによる市場予測」「不安をあおるニュース」などにうろたえて「あたりまえのこと」を見失うと、まともな投資判断ができなくなります。その結果、こんな失敗をおかしてしまいます。

  • 運用成績の調子が良いからといって、自分を天才だと思い込み、リスクの高い投資に手を出してしまった結果、撃沈する
  • 負け続けているからといって、自分は投資に向いていないダメなやつだと思い込んで投資をやめてしまう

短期的な結果に一喜一憂していては、良い投資は行えません。投資とじっくり真正面から向き合う中で、自分なりのスタイルを見つけていくことが大切です。

自分のスタイルを見出す方法のひとつとして、まずはあたりまえのことを文字にして書き出してみるのもいいと思います。

  • 株価の動きを100%当てられる人は、ひとりもいない
  • 買った株の株価は、上がることもあれば、下がることもある
  • 自分が買った時よりも株価が上がっているタイミングで株を売れば、自分にとって利益となる
  • どの株を、いつ買おうが、自由だ
  • 負けようと思って投資する人はいない
  • 買った株の株価が歩む道は3つのみ。上がるか、下がるか、そのままか
  • 株を買ったあとで株価が下がっても、その株を売るか、その株の会社が倒産しないかぎり、まだ1円も損していない
  • だれかが、今の株価より高い値段で株を買うので、株価は上がる

バカらしいかもしれませんが、何か新しい発見があるかもしれません。



関連記事

投資とは、待つことである。

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。 僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。 もうちょっと買うのを …

失敗談「良品計画ナンピン地獄」

あなたはナンピン地獄を経験したことがありますか。 わたしはあります。 ナンピンとは:買ったあとに株価が下がった場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値を下げる手法のこと。 2011年10月5 …

スクリーニング機能で逆張り銘柄をさがす

証券会社に口座を開き、証券サイトにログインすると利用できる銘柄スクリーニング機能。 いろいろいじってたら楽しいですよね。 たとえば逆張り投資が好きな人なら、 「そこそこ大きな会社で、業績が良いのに、株 …

会社四季報チェック(2018年2集)2

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 江崎グリコ …

投資をやってよかった3つのこと

投資をはじめる前は知らなかったけど、投資の効能というか、投資をやっているとこんな良いことがあるんだと気づいたことが3つあります。 1.経済ニュースに興味がわく それまで、「東証株式市場の終値は」「本日 …

2018/09/30:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/09/29:メニュー「運用成績」更新
2018/09/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up