投資を考える コラム記事 失敗談

失敗談「良品計画ナンピン地獄」

投稿日:2016年12月3日 更新日:

あなたはナンピン地獄を経験したことがありますか。

わたしはあります。

ナンピンとは:買ったあとに株価が下がった場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値を下げる手法のこと。

2011年10月5日

良品計画(7453)の第2四半期決算発表前に、200株(当時100株は約430,000円)買いました。「業績は絶好調だし、少し値上がりしたら利益確定しよう。」と、かるい気持ちだったのですが、決算発表後、株価が急落。業績はよかったのですが、たぶん市場予想に届かなかったことによる失望売りだったのでしょう。

2011年10月6日

急落はチャンス、と100株ナンピン買いしました。

2011年10月7日

さらに急落したため、200株ナンピン買いしました。
これで500株、合計200万円。当時の投資資金はほとんど底をつきました。その後、すぐに戻るとおもった株価はズルズルと下がり続け、最大で含み損益が-20%になりました。こうなるともう何も手出しができず、塩漬け状態。

2012年3月末

ようやく株価が回復し、損益ゼロ状態になったので、500株すべてを売りました。
結局10月~3月の半年間、資金が凍結し、身動きがとれず、良品計画の株価を眺めるだけの日々でした。つらかった。

なんとか大損せずにすみましたが、落ちているナイフを素手でつかみにいって大ケガした、というしくじり話です。ナンピンするときは、ある程度期間をおくか、どこまでの下落でナンピンするか、ルールを決めておくことが大事だと学びました。

補足:
僕が全部の株を売ったあと、良品計画の株価はスルスルと上昇を続け、2016年12月現在、株価は21,000円。2011年当時は4,000円だったので、そのまま株を持ち続けていれば、5倍に膨れ上がっていました。投資にタラレバは禁物ですが、一時的な株価の変動にまどわされず、企業を信じることも大切ですね。



関連記事

「ピーター・リンチの株で勝つ」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド社 ピーター・リンチ 著 三原淳夫、土屋安衛 訳 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります …

銘柄ウォッチ「オリックス(8591)」

オリックス 企業サイトはこちら オリックスとは オリックスは、リース事業、不動産、銀行、生命保険、野球球団経営、その他投資事業と、多角的サービスを展開する会社です。 オリックスレンタカー、オリックス不 …

「会社四季報 業界地図」

おすすめ度:★ 東洋経済新報社 会社四季報を出版している東洋経済が、毎年出している業界地図の本です。 図やグラフが豊富で、文字の情報量が多いのにけっこう読みやすく、雑誌感覚でペラペラめくりながら楽しめ …

SBI証券で取り扱っている投資商品を調べた

SBI証券に口座をひらいて、かれこれ10年くらい経ちますが、さまざまな取扱商品のうち、僕が取引したことのあるのは次の商品です。 国内株式(現物、信用)・ETF 米国株式・ETF 投資信託 外国為替保証 …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up