投資を考える コラム記事 投資の心得

守備範囲の外には出ない

投稿日:2016年11月29日 更新日:

baseball-1513720_640

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。

この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)で詳しく解説していますので、引用します。

チャーリー・マンガーは机の上に「イン」「アウト」「難しすぎる」という見出しをつけた3つのボックスがある状況を想像すると言う。そして、マンガーとバフェットは、ほとんどの投資チャンスを「難しすぎる」のボックスに入れる。
あなたもバフェットと同じようなチェックリストをつくって、すべての条件が満たされたときにだけ投資するようにしよう。自分の守備範囲の外に出ないこと。たいていのチャンスは「難しすぎる」のボックスに入れ、自分が正しい分析をしたという十分な確信が生まれたときだけ行動しよう。自分の守備範囲のなかにあると確信したら、ためらわずに思い切りよく動こう。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去ブログはこちら

※チャーリー・マンガーは、バフェットと一緒に仕事をしている盟友です。

「自分の得意分野だけにこだわって勝負することが大事」ということだと思います。

僕の場合の守備範囲は、「自分が利用している製品・サービスを提供している企業へ投資」です。なのでこれまで投資してきたのは、身近に利用できる食品・外食・小売関係の銘柄がほとんどです。

逆に、守備範囲の外にあるのは

  • 新興市場銘柄への投資
  • FX(外国為替保証金取引)
  • 投資信託
  • 信用売り
  • 先物取引

などです。どれも魅力的で興味ある商品ではありますが、よく知らないまま投資するのはコワいので、いまのところ本格的に投資しようと思ったことはありません。

もし新しい投資にチャレンジするとすれば「信用売り」をやってみたいです。

株価が下がったら儲かる、というのはいったいどんな気分なのか、興味があります。



関連記事

先物・オプション取引を独学する[1]教材集め

先物・オプション取引というものがどんな投資商品なのか、実のところ分かっていません。 よく分からない商品なので、今まで取引した経験はゼロ、つまり先物・オプション取引の未経験者です。 先物取引・オプション …

銘柄を絞り込むメリット

投資スタイルは人それぞれ、いろんなやりかたがあります。 あつかう銘柄の数も、人それぞれです。 数十、数百銘柄をウォッチしておき、条件に合った銘柄に投資する人 少数銘柄に絞り込んでおき、その銘柄をじっく …

株価がさがったとき、どうするのが正解なのか?

保有している銘柄の株価が暴落したとき、人はいくつかの行動パターンをとります。  icon-asterisk その① 計画的でない損切り(いわゆる狼狽売り) 「ヤバい。下がってる。ほっといたらまだまだ下 …

「見つめる鍋は煮えない」(カルビーとマクドナルドの株価のこと)

「見つめる鍋は煮えない」ということわざを最初に思いついた人はすごいなと思います。 待っている時間は非常に長く感じられるため、なかなか鍋が煮えないように感じる 何度も鍋のフタを開けていたら、なかなか火が …

「損しないこと」が大切

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつ。 「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」 (原文)「Rule #1: …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up