投資を考える コラム記事 雑記メモ

株との出会い

投稿日:2016年11月26日 更新日:

boushi

株をはじめたきっかけの話です。

株式投資をはじめたのは2008年で、三十代のときでした。

あのリーマンショックが起こる、ちょっとだけ前のことでした。

それまでの僕は、株式投資とはまったく無縁な人間でした。

それどころか、株をやってる人といえば「いかがわしいことやって金もうけしてるずる賢いヤツ」というネガティブなイメージさえ持っていました。

ある日、同世代の仕事仲間と二人で飲みに行く機会があり、新聞を読んでいるかどうかという話になって、そのとき彼がこんなことを言いました。

「新聞は、真ん中の株価欄のところがいちばんおもしろい!」

株価欄がおもしろいだって?僕もいちおうビジネスマンの端くれなので、新聞はたまに読んではいましたが、株価欄のあの数字の羅列だけは興味がもてず、いつもすっ飛ばしていました。だから彼の言葉は新鮮でした。

聞くと、彼はサラリーマンのかたわら、じつは数千万円を動かす個人投資家だということをはじめて知りました。だから、株価欄は常にチェックしているということでした。

「でも、いったい株の何がおもしろいんだろう。」と、そこから株に対する興味がわいてきて、自分で本を買って勉強したりネットで調べたりして、投資をはじめることになり、いまに至っています。

今では僕も、新聞でいちばん面白いのは株価欄や企業決算のページだと思うほど、株にのめり込むようになりました。

株価欄がいちばんおもしろい理由ですが、僕の理由は次のとおりです。

  • 自分が身銭を投じている銘柄のニュースというのは、世間のどんなトップニュースよりも気になるニュースだから、株価欄がいちばんおもしろい。
  • 株価欄の数字は、ただの数字の羅列ではなく、「投資家の心理」や「経済活動のダイナミズム」を映し出しているものだから、数字から人間が見えてくる。だから株価欄がいちばんおもしろい。


関連記事

会社四季報チェック(2018年1集)3

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 セブン銀行(84 …

江崎グリコの決算短信(2017年3月通期)

2017年5月15日に江崎グリコの通期決算短信が発表されました。 全体的にわるくない内容だと思いました。 中国での売上が前期比減となった点だけが気になります。 市場の予想を上回り、明日以降で株価が爆上 …

銘柄ウォッチ「サンクゼール(未上場)」

サンクゼール 企業情報サイトはこちら もし上場したら、投資してみたい企業のひとつ、「サンクゼール」。 名前を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、「久世福商店」「サンクゼール(St.Cousair)」 …

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

米国株投資なら「マネックス証券」

  米国株中心の投資なら、オススメは「マネックス(MONEX)証券」です。 米国株・米国ETFの取扱銘柄数が他を圧倒して多いからです。 マネックス証券をこれまで利用してきた感想をまとめました …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up