投資を考える コラム記事 投資の心得

株価がさがったとき、どうするのが正解なのか?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

ccs76164913_tp_v

保有している銘柄の株価が暴落したとき、人はいくつかの行動パターンをとります。

 icon-asterisk その① 計画的でない損切り(いわゆる狼狽売り)

「ヤバい。下がってる。ほっといたらまだまだ下がるかも。これ以上損が大きくならないうちに、早めに売って、また出直そう!」

  その② すぐにナンピン買い

「自分が信じて買った株だ。ちょっとくらい下がっても大丈夫。安くなったんだからいまがチャンス。もっと買い増そう!」

と、こんな行動をとってしまうと、たいてい泥沼にはまって大損します。

株をはじめたばかりの頃の僕がそうでした。(いまでもたまに同じような失敗をやってしまいますが・・・。)

こんなときにとるべき行動。それは

  その③ しばらくの間、なんにもしない

これにかぎります。これがベストな行動です。なぜなら

  • そのうちに株価が元に戻ったとしたら、それは自分にとって良いこと
  • そのうちに株価がさらに大きく下がったとしたら、そのときこそ絶好の買い時

だからです。

つまり、たとえ株価が暴落したとしても、時間が経つことで自分にとって有利な状況が必ず生まれるのです。

でも「いったいどの程度下がったら絶好の買い時なのか?」という判断は、とてもむずかしいところです。だからこそ、ウォッチする銘柄を絞り込み、ある程度値動きのクセが分かるようになることが重要です。



関連記事

「遊びと人間」

おすすめ度:★ 講談社学術文庫 ロジェ・カイヨワ著 株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たし …

先物・オプション取引を独学する[1]教材集め

先物・オプション取引というものがどんな投資商品なのか、実のところ分かっていません。 よく分からない商品なので、今まで取引した経験はゼロ、つまり先物・オプション取引の未経験者です。 先物取引・オプション …

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。 投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーです。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 経済 …

「カイシャの評判(WEBサイト)」を株式投資のツールとして利用する

    おすすめ度:★★★☆☆ エン・ジャパン株式会社 投資におすすめのWEBサイトです。 転職サービスのエン・ジャパンが提供しているカイシャの評判というサイトで、「日本最大!社員 …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up