投資の心得 投資を考える コラム記事

株価がさがったとき、どうするのが正解なのか?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

ccs76164913_tp_v

保有している銘柄の株価が暴落したとき、人はいくつかの行動パターンをとります。

 icon-asterisk その① 計画的でない損切り(いわゆる狼狽売り)

「ヤバい。下がってる。ほっといたらまだまだ下がるかも。これ以上損が大きくならないうちに、早めに売って、また出直そう!」

  その② すぐにナンピン買い

「自分が信じて買った株だ。ちょっとくらい下がっても大丈夫。安くなったんだからいまがチャンス。もっと買い増そう!」

と、こんな行動をとってしまうと、たいてい泥沼にはまって大損します。

株をはじめたばかりの頃の僕がそうでした。(いまでもたまに同じような失敗をやってしまいますが・・・。)

こんなときにとるべき行動。それは

  その③ しばらくの間、なんにもしない

これにかぎります。これがベストな行動です。なぜなら

  • そのうちに株価が元に戻ったとしたら、それは自分にとって良いこと
  • そのうちに株価がさらに大きく下がったとしたら、そのときこそ絶好の買い時

だからです。

つまり、たとえ株価が暴落したとしても、時間が経つことで自分にとって有利な状況が必ず生まれるのです。

でも「いったいどの程度下がったら絶好の買い時なのか?」という判断は、とてもむずかしいところです。だからこそ、ウォッチする銘柄を絞り込み、ある程度値動きのクセが分かるようになることが重要です。



関連記事

マネックス証券の便利なサービス3つ紹介

マネックス証券を利用していて、便利だなと思うサービスを3つご紹介します。 これらのサービスを利用するだけでも、口座を開く価値があると思いますよ。  「米国株厳選銘柄レポートBOOK」 米国市場に上場し …

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」

カルビー WEBサイトはこちら 子供から大人までみーんな大好き、スナック菓子の王様「カルビー」。 1949年、広島で創業。 会社名のカルビーは、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」の組み合わ …

投資はシンプルに考える

投資を複雑にしてしまう要因 かの著名投資家、ウォーレン・バフェットは言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者がい …

ANA機内誌「翼の王国」

おすすめ度:★ 全日本空輸株式会社 編集・出版 ANAの飛行機に乗ったことがある方なら、必ず手に取ったことがある、座席の前ポケットに入っているアレ、あの雑誌です。ANAの月刊機内誌。 たまにANAの飛 …

テレビCMのおもしろい国へ投資したい

  SBI証券では、外国株式に投資する場合、9ヶ国の中から投資先を選ぶことができます。 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの9ヶ国です。 もし投 …

2018/08/07:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/08/05:メニュー「運用成績」更新
2018/07/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up