雑記メモ 投資を考える コラム記事

投資のおまもり

投稿日:2016年11月19日 更新日:

投資のおまもり・東証見学証

数年前に有給休暇をとって、東京に二泊三日の一人旅をしてきました。たしか1月くらいだったかな。寒い時期でした。

金・土・日の3日間という日程でしたが、そのとき「金曜は平日だから、平日にしか行けない東京名所へ行こう!」と思いたち、検討した結果、中央区兜町にある東京証券取引所の見学に行くことにしました。やっぱり、株式投資を行う者にとって、証券取引所は聖地のようなものですからね。いちどは行ってみたいと思いました。

東京証券取引所はこんなところです(外部サイトへリンク)

建物の中に入ると、吹き抜けのエントランスがあり、入口に受付のお姉さんがいて、首からぶらさげタイプの見学証を受け取ったら、所内を自由に見学できるシステムです。

見学者は僕を含めて5人足らずで、平日とあってか閑散としていました。取引所で働いている人も、ガラス張りの向こう側でパソコンに向かっている人が10人くらいで、本当にここが世界で5本の指に入る取引量なのか、と疑うくらい静かなところでした。そのとき撮った写真がこれ↓。

よくテレビのニュースで「きょうの東京株式市場の終値は・・・」とアナウンサーが言うときに流れる場所ですよね。株価ボードもあって、東証の主要銘柄の株価が刻一刻と動いているのを見てちょっと興奮しました。

で、見学が終わって、お土産コーナーで400円くらいのキーホルダーを買ってから取引所を出たんですけど、しばらくしてふと気づいたら、見学証が首から下げられたままだと気づきました。本当は見学が終わったら受付のお姉さんに返さないといけないんですけど、すっかり気づきませんでした。(受付のお姉さん、東京証券取引所の関係者のみなさん、本当にゴメンナサイ。けっして悪気はなかったんです。)

で、見学証をどうしたかというと、これも何かの縁と思い、そのまま持って帰ることにしました。(重ね重ね、本当にゴメンナサイ。)

それ以来、「VISITOR」と書かれたこの見学証は、僕の投資のおまもりとなり、今もたいせつに財布の中に入っています。この文章のいちばん上の写真がそのおまもりです。なんというか、取引所への「Visitor(訪問者)」というのが意味深でカッコよくて気に入ったのです。

で、身につけてからのご利益ですけど、あります。すごくあります。

おかげさまで、投資生活は順調でございます。

投資の神様、東証関係者の皆様、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!



関連記事

次に買いたいのは、この株主優待銘柄です

投資資金の10%を入金している楽天証券口座は「株主優待銘柄を単元株保有する」という目的で利用しています。 現在「コカ・コーラBJI」「朝日放送」を保有しています。基本的には株が上がろうが下がろうが、売 …

「賢明なる投資家」

おすすめ度:★ パンローリング株式会社 ベンジャミン・グレアム著 株式投資の名著といわれるベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)の「賢明なる投資家」。 数年前に買って読みましたよ。3 …

会社四季報チェック(2018年2集)3

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 コカ・コー …

スーパーマーケットは「現代食生活民俗博物館」

毎日の買物でお世話になっています。近所のスーパーマーケット。 全国チェーンなら「イオン」「イトーヨーカドー」「西友」、関西なら「ライフ」「関西スーパー」「イズミヤ」「阪急オアシス」「いかりスーパー」「 …

マネックス証券のサイトが使いやすくなりましたね!

マネックス(MONEX)証券のサイトが全面リニューアルされて使いやすくなりましたね。 マネックス証券の公式サイトはこちら 画面デザインが見やすくなり、タブレットでもタッチしやすいような、シンプルな作り …

2018/08/07:メニュー「ごあいさつ」ハンドルネーム改名
2018/08/05:メニュー「運用成績」更新
2018/07/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up