投資を考える コラム記事 雑記メモ

投資のおまもり

投稿日:2016年11月19日 更新日:

投資のおまもり・東証見学証

数年前に有給休暇をとって、東京に二泊三日の一人旅をしてきました。たしか1月くらいだったかな。寒い時期でした。

金・土・日の3日間という日程でしたが、そのとき「金曜は平日だから、平日にしか行けない東京名所へ行こう!」と思いたち、検討した結果、中央区兜町にある東京証券取引所の見学に行くことにしました。やっぱり、株式投資を行う者にとって、証券取引所は聖地のようなものですからね。いちどは行ってみたいと思いました。

東京証券取引所はこんなところです(外部サイトへリンク)

建物の中に入ると、吹き抜けのエントランスがあり、入口に受付のお姉さんがいて、首からぶらさげタイプの見学証を受け取ったら、所内を自由に見学できるシステムです。

見学者は僕を含めて5人足らずで、平日とあってか閑散としていました。取引所で働いている人も、ガラス張りの向こう側でパソコンに向かっている人が10人くらいで、本当にここが世界で5本の指に入る取引量なのか、と疑うくらい静かなところでした。そのとき撮った写真がこれ↓。

よくテレビのニュースで「きょうの東京株式市場の終値は・・・」とアナウンサーが言うときに流れる場所ですよね。株価ボードもあって、東証の主要銘柄の株価が刻一刻と動いているのを見てちょっと興奮しました。

で、見学が終わって、お土産コーナーで400円くらいのキーホルダーを買ってから取引所を出たんですけど、しばらくしてふと気づいたら、見学証が首から下げられたままだと気づきました。本当は見学が終わったら受付のお姉さんに返さないといけないんですけど、すっかり気づきませんでした。(受付のお姉さん、東京証券取引所の関係者のみなさん、本当にゴメンナサイ。けっして悪気はなかったんです。)

で、見学証をどうしたかというと、これも何かの縁と思い、そのまま持って帰ることにしました。(重ね重ね、本当にゴメンナサイ。)

それ以来、「VISITOR」と書かれたこの見学証は、僕の投資のおまもりとなり、今もたいせつに財布の中に入っています。この文章のいちばん上の写真がそのおまもりです。なんというか、取引所への「Visitor(訪問者)」というのが意味深でカッコよくて気に入ったのです。

で、身につけてからのご利益ですけど、あります。すごくあります。

おかげさまで、投資生活は順調でございます。

投資の神様、東証関係者の皆様、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!



関連記事

会社四季報チェック(2018年3集)2

2018年6月15日に「四季報 2018年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 コカ・コー …

米ドルで投資する「ETF」を検討

全資産の20%をマネックス証券サイトに入金し、米ドルで投資しています。 どう投資しようかといろいろ検討した結果、ひとまず個別株を2割、ETFを8割で保有することに決めました。 さて、ETF(上場投資信 …

失敗談「東洋水産(2875)誤発注」

みなさん、売買注文するときは、注文ボタンをクリックする前に、よーく確認しましょう! 僕の取引失敗談です。 2011年ごろの東洋水産の株は、まだ売買単位が1000株だったので(2016年現在は100株) …

投資はすべて「%」で考えよう

投資家が二人いて、それぞれの投資資金は「10万円」と「100万円」とします。 このうち、株で1万円を儲けるのに有利なのは、どちらの人でしょうか? 答えはもちろん、より多くの資金を持っている「100万円 …

先物・オプション取引を独学する[2]書籍(日経225先物① 基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

2018/12/06:メニュー「人気の記事」追加
2018/12/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up